桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【出世頭がこっそり教える!】信頼される上司が意識している、部下への「たった一言のセリフ」とは?

f:id:sakuraikoki:20190706125007j:plain

 

上司と部下との信頼関係。

組織で仕事をする上では、絶対に欠かせない重要ポイントですね。

仕事の効率化や円滑化のために必要なのはもちろんのこと、職場の雰囲気も大きく左右します。

もしも、信頼関係にヒビが入っていると、職場はとても居心地の悪い空間になり、最悪、上司も部下もメンタルがやられてしまいます。

 

もちろん、多くの上司の方々は、部下との信頼関係の重要性について、頭では理解していることでしょう。

ところが、実際はそれが上手く築けず、悩んでいる人たちが少なくないようです。

 

原因は様々ですが、お互いにコミュニケーションに原因がある場合がほとんど。

そして、上司からの些細な一言の欠落により、両者の隔たりが生じてしまうケースが少なくないのです。

 

では、具体的には、どんな点に気を付ければ良いのでしょうか?

そこで今回は、

「信頼される上司が意識している、部下への『たった一言のセリフ』」

をご紹介!

 

日頃、部下との関係で頭を悩ませている上司のみなさん、必見です!

 

1 「ありがとう」

まずは、これ。

何を今更?と思う方もたくさんいらっしゃるでしょう。

でも、思い返してみてください。

普段、部下に対して、言ってあげていますでしょうか?

当たり前のようで、当たり前の様には言えてない言葉。

どうやら照れくささが邪魔して、セリフとして発せられない場合が少なくないようです。

さらには、

「部下は、上司の指示に従うのが当たり前」

と昔ながらの上から意識が、いつの間にか染みついてしまっているのかもしれませんね。

ただ、部下の立場からすれば、上司の指示に従って一生懸命仕事をこなしている。

それにもかかわらず、感謝の言葉がなければ、非常に残念な気持ちになることは容易に想像できます。

組織的な上司の指示であっても、部下の中には

「上司のために仕事をした」

という意識は、少なからず存在します。

だからこそ、部下の頑張りに対しては、一言、

「ありがとう」

と伝えてあげたいですね。

 

2 「あなたのおかげです」

これも、当たり前のようで、なかなか上司が口にしていない言葉。

組織の一員である上司の下には、部下がいるのは当たり前。

そして、チームの成果は、リーダーである上司の手腕にかかっている、という認識に起因するものでしょう。

確かに、その考え方も一理あります。

ただ、組織が成果を上げるためには、まずは、部下一人ひとりが主体的にパフォーマンスを発揮することが重要です。

仕事がうまく進展したとき、何らかのトラブルが解決したときなど、必ずプレイヤーとして部下の頑張りがあったからこそ実現したはず。

このポイントを無視して、チームリーダーとしての立場ばかりを考えていては、当然、部下の貢献意欲は下がる一方です。

例えどんなキャラクターの部下であったとしても、また、その配属を決めているのが人事部門だとしても、一人ひとりが役割を果たそうと必死になり、上司の下で働いてくれているという事実は曲げようがない。

この点にフォーカスを当てましょう。

すると、部下の存在がとても貴いものと感じられ、仕事が一区切りするたびに、違和感なく

「あなたのおかげです」

のという言葉を部下に伝えられるはず。

自分の存在意義を実感できた部下は、必ず、あなたのことを信頼してくれるでしょう。

 

3 「この失敗をどう活かそうか」

失敗を上司に報告するとき。

このときほど、部下が不安を感じる時間は、そうそうありません。

恐る恐る、自分の失敗を上司に告げる部下。

その部下の報告を聞いて、上司のあなたは、なんて声をかけますか?

「なんでこんなことしたんだ!」

「ちゃんと確認したのか!」

と、ついつい詰問してしまいがちではないでしょうか?

もちろん、失敗をした事実に対して、注意喚起をすることは重要です。

ただ、詰問する態度を見せる心理は、

「部下をせめて自分が楽になりたい」

という少し傲慢な意識の現れにすぎません。

責められた部下は、萎縮して何も言えなくなってしまいます。

これでは、部下は

「俺は何でこんなミスをしたんだ…」

と自分を責めてばかりで、次につなげようという建設的な思考が生まれにくくなります。

 

失敗してしまったことは、もう取り返せない。

それよりも、同じ失敗を繰り返させない、そしてこの経験を糧にさらなる成長を促すことの方が、はるかに大切なはずです。

この概念が、頭で分かっていても、その場の感情に流されてしまうのも仕方ない。

上司も人間ですから。

だからこそ、部下がミスしたときこそ

「彼のために、どう接してあげたら良いか」

を意識してみましょう。

責めるのではなく、今後につながる貴重な経験としてもらうために、

「この失敗をどう活かそうか」

この言葉をもらった部下は、少し救われた気持ちになるばかりでなく、上司に対して感謝の念を抱くようになる。

そして、自分の仕事を見つめ直し、改善に向けて思考を巡らせ、また一つ、成長することでしょう。

---------------------

 

いかがでしたか?

どれも、シンプルなメッセージですよね。

あなたが若手だった頃のことを思い出してみてください。

これらの言葉、当時の上司からかけてもらっていたら、嬉しくて上司のことをもっと好きになれませんでしたか?

 

意識ひとつで、すぐにでも実践可能。

ただ、想像以上に効果は絶大なのです。

部下から信頼を得たいのであれば、ぜひ、試してみてください!

 

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!