桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【有給休暇の義務化】手放しでは喜べない?!望まない休暇の罠

f:id:sakuraikoki:20181018190646j:plain

 

働き方改革関連法が順次施行されるのに伴い、

2019年4月1日、年次有給休暇の取得義務化が始まります。

 

年10日以上の有休を付与されている労働者が対象。

現行法では、有休は労働者の申し出による取得のみですが、

法改正が行われると、5日分については本人の希望を踏まえ、

事前に時季を指定して与えられることになります。

しかも、違反した企業は、30万円以下の罰金の対象になるそうです。

 

「有休を積極的に取得し、もっとゆとりのある働き方」

を目指した法整備なのでしょう。

ただ、実際には、ゆとりどころか、

さらに労働者を追い込む事態にもなりかねない。

 

少子高齢化の影響を受け、

人手不足が深刻化する企業が増加し続けている昨今。

社員一人ひとりにかかる業務負担は、

ますます重いものになっています。

そのため、有休を消化し切れる環境が整った会社は、

ごく少数でしょう。

 

そんな状況で、

「法で定められているから」

「罰則規定があるから」

という理由だけで、使用者側は社員を休ませようとする。

無理矢理休まされたところで、

その人の分の仕事をストップするわけにはいかない。

少ない人出の中で、休暇中の社員の仕事を

バーせざるをえないことになります。

ただでさえ一人頭の負担が大きい中で、

同僚たちは非常に苦しい状況に追い込まれます。

しかも、社員1人だけの話ではなく、

次から次へと、全社員が、

少なくとも5日休むわけですからね・・・。

 

また、休む本人も喜んでばかりはいられません。

休暇中、いくら他の同僚がカバーしてくれると言っても、

そう簡単に全てを賄いきれません。

もしくは、次に出勤したときには、

机の上は未処理の書類が山積み。

メールボックスは、未読メールで真っ赤…。

 

休んでいる間も、気が気でない。

逆に、ストレスが溜まる状況にもなりかねません。

厳しいですね・・・。

 

よって、法律が変わったと言っても、 

つじつま合わせのように、休暇取得を強要するのは禁物!

その前にまずは業務内容の見直しを

優先すべきと言えるでしょう。

無駄な仕事は徹底的に廃止していく。

自動化・マニュアル化できる仕事も徹底。

IoTやAIも、積極的に導入していく。

これまで何倍も、少ない人員と労力で、

効率的・効果的に仕事の成果を上げていかなければならないわけです。

それでなければ、まさに焼け石に水

何の働き方改革にもなりませんから・・・。

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!