桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【うかうかしていられない!】人手不足の時代だからこそ「複業」が大事

f:id:sakuraikoki:20181015184526j:plain

 

国内の企業倒産が、

過去最多ペースで増加しているようです。

今年1~9月の合計は299件に上り、

10月中にも平成29年の年間317件を

上回りそうな勢い。

 

倒産理由は、主に

「求人難」

「人件費高騰」

といったもの。

従業員が確保できず事業継続が困難になったり、

社員を引き留めるため賃金を無理に引き上げたことで、

収支が悪化したりしたケースが目立つようです。

 

少子化により、生産労働人口は減少。

さらに、大都市一極集中もますます加速し、

地方の人手不足は、特に深刻です。

この状況を受けて、政府は、

安易な外国人労働者規制緩和

図るかもしれません。

外国人労働者の受入そのものに

問題があるというわけではありませんが、

「他国の状況に合わせる」

という名目で、日本の給与水準が

ますます悪化することにもなりかねません。

一度下がった水準は、

相当な時間をかけないと元には戻りらない。

一時的に人手不足は解消されても、

10年、20年先には、

さらに劣悪な労働環境が

待っているかもしれないのです。

怖いことですね・・・。

 

人手不足問題は、

働き方改革にも拍車をかけてきました。

社員が確保できず、

一人ひとりの業務負担が増加し、

過酷な長時間労働はますます深刻な状況に。

その状況が問題視され、

働き方そのものの見直しを後押しする

政策が打ち出されています。

そのため、残業の縮減、

あるいは禁止を実施する企業が増加。

裁量労働制の導入も、

ますます加速するでしょう。

それは、同時に会社側が

人件費を削減しているということ。

当然、残業代は削減の方向に拍車がかかり、

社員一人の懐に入る手取りはどんどん減っていきます。

つまり、会社に頼るだけでは、

経済的には先細っていくだけ。

自分の力で、打開していくしかありません。

 

これからは、

格差社会がますます進展するはずです。

意識高く、本業以外の収入源を築いている人たちは、

より多くの富を得ていることも事実。

もしあなたが、

社会や組織の流れに身を任せているだけの状況なら、

ぜひ、危機意識を持ってみてください!

 

自ら活動の幅を広げることを意識し、

複数の収入源を持つ、つまり

「複業」

が必要不可欠な時代に

突入しつつあると言えるでしょうね。

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!