桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【プチ時事ネタ】日本の組織から、リーダーシップが消えていく?!

f:id:sakuraikoki:20180928222350j:plain

 

9月28日に厚生労働省が発表した

「平成30年版 労働経済白書

によると、管理職でない会社員の6割が、

管理職になりたくないと考えていることが分かりました。

 

管理職への出世を望まない理由は、主に

「責任が重くなる」

「業務量が増え、長時間労働になる」

「部下を管理・指導できる自信がない」

といったものが挙げられています。

 

管理職になると、当然、仕事の負担が増えます。

部下に全部任せられればいいのですが、

昨今、それでは丸投げと受け取られ、

最悪「パワハラ」と受け取られかねない。

 

また、部下たちの長時間労働、セクハラ、

メンタルも含めた社員一人ひとりの健康問題、

さらには職場の人間関係など、

近年着目されている労働問題のシワ寄せは、

全て中間管理職に押付けられる傾向にあります。

 

さらに、プライベートにも影響がおよびがち。

幹部たちとの飲み会につき合わされる。

休みの日でも、緊急時は出勤しなければならない。

部下の結婚式には(嫌われない限り)必ず呼ばれ、

ご祝儀も馬鹿にならない…。

 

そして何より!

これら膨大な業務に見合うだけの報酬が出ない!

 

こんな管理職の多忙・疲弊ぶりを目の当たりにしていたら、

そうでない社員たちは、

「俺は、管理職にならなくて良いや」

「今のポジションが、気楽でお得だよな」

と思うのも、何も不思議でないでしょう。

 

ただ、これは同時に、有能な社員さえも、

管理職になる可能性が萎んでいるということ。

組織をけん引すべき人材が、

そのリーダーになろうとしないというわけです。

 

管理職は、現場の指揮官です。

野球で言えば、監督。

同じ選手たちであっても、

監督一人が違うだけで、チームの成績はガラリと変わります。

同様に、指揮官である彼ら管理職の指示や判断は、

組織としての成果を大きく左右する。

そして、企業の成長、ひいては日本経済に対して、

多大なる影響を及ぼすのです。

 

有能なリーダーが生まれづらい状況が深刻化すれば、

ますます日本の組織力は弱体化していくでしょう。

そして、韓国や中国の有力企業はもちろん、

さらには東南アジアで力を伸ばしつつ企業にも追い抜かれていく。

これは、かなり憂慮すべき事態と言えるでしょう。

 

政府や日銀は、今でも

「インフレ率年2%の達成」を標榜しています。

それには、一つ一つの企業組織が成長する土壌が整わなければ、

結局は「絵に描いた餅」で終わりかねない。

 

だからこそ、

「管理職になりたい」

「リーダーとして会社を牽引したい」

と高いモチベーションを声高にする人材が、

数多く存在する組織を作っていかなければならないはずです。

 

これを現実にするためにも、

管理職の処遇について、業務と報酬の両側面で、

早急な見直が必要なのでしょう。

 

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!