桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【職場のリアルお悩み相談ルーム】決断力の無い上司にうんざりです!!

f:id:sakuraikoki:20180921161838j:plain

 

私の上司、本当に決断力がないんです。

もう、イライラして仕方ありません。

取引先との調整ごとでもめてしまった!

あるいは、新しい事業開拓ができそう!

こんな状況で相談するんですが、

「う~ん、ちょっと簡単に決められないので、考えさせて。」

と結論を先送り。

結論はいつまでたっても出されず、時間だけが過ぎていきます。

そのため、事態が悪化したり、

チャンスを逃したりすることが、日常茶飯事。

しかも、お客さんと直接やりとりするのは、

あくまで私です。

要するに、上司の決断が遅いせいで、

損するのは私自身なんです!

本当に、

「腹括って、ビシッと決められないのか!」

と毎日頭にきています!

この上司、どうにかならないものでしょうか?

  (20代女性/保険営業)

☆☆☆

 

決断力のない上司。

そのもとで働く部下は、大変ですよね…。

ビジネスには、スピード感が重要。

もたもたしていては、

チャンスを逃し、ピンチを悪化させかねないケースが多々あります。

 

では、こんな決断力のない上司に、

ピシッと決断させるにはどうしたらよいでしょうか?

 

それにはずばり、

「選択肢を用意すること」

その選択肢は、

「良い案(A)」「ダメな案(B)」

の2つ。

もちろん、Aはあなたが進めたい方向の内容です。

こちらで上司が決定するよう、

誘導しましょう!

上司に迷う余地を与えないことです。

「Aだと取引先は無難に納得すると思います。

Bでも納得させられる可能性もありますが、さらにもめるリスクがあります。

どちらにしましょうか?」

当然上司は、Aを指示します。

しかも、上司が決定したという揺るがない事実が残る。

したがって、たとえその案が良い結果を招かなかったとしても、

責任の所在は上司と明確に位置づけられるため、

あなた自身は荷が軽くなるんです!

これは、お得ですよね。

 

ただ、気を付けたいのが、

Bを完全否定して提案しないこと。

Bではダメです!と断言すると、

まだAしか思いついていない状況だと認識され、

「他に方法無いかな?」

と上司の迷いを生みます。

Bも有効手段の一つと認識させることが大切です。

 

決断力のない上司に相談する際は、

必ず選択肢を2つ用意しましょう。

どちらを上司に選ばせるかは、

あなたがあらかじめ決めておいた上で。

必ず仕事は前に進み、イライラが解消されますよ!

 

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!