桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【社会人だからこそ!】決して嘘はつかず、誠実にものごとを進めること!!

f:id:sakuraikoki:20180829190418j:plain

 

中央省庁の障害者雇用の水増しが問題となっていますね。

自ら基準を定め、コンプライアンス遵守を指導するはずのお役所が、

このような不祥事を犯す。

しかも、たちの悪いことに、

管理職が自ら水増しを指示していたケースもあるようです。

むろん、あってはならない話です。

 

「役所自ら、雇用率を達成してないなんて言えるか!」

と小さなプライドを守ろうとせず、初めから素直に

「雇用率は未達」

と公表した方が、俄然良かったでしょう。

未達を取り沙汰されるだけでなく、

完全に信頼を失い、バッシングの対象となってしまう・・・。

プライドを守ろうとしたが故、皮肉な結果です。

 

嘘をついても、いつか必ずバレます。

それに伴い、これまで築いた信頼は、

無情なまでに一瞬にして崩れ去る。

そして、再び信頼を取り戻すことは困難を極め、

相当な年月と努力を要する…。

 

今回の事例は、まさにこの教訓を象徴する出来事だといえるでしょう。

 

これは、なにも組織単位だけの話ではなく、

組織に属する個々人に対しても言えることです。

通勤手当、ちょっとくらい経路をごまかして水増ししてもバレないだろう」

「書類の日付くらい、ちょっと変えても構わないでしょ」

とんでもない。

どんな小さな嘘でも、絶対につかない方が良い!

信義則に反することをすると、一時的に得をしても、

いつかは何倍にもなって損失を被ることになります。

 

急がば回れ」と言いますが、

仕事でいち早く評価されたいなら、成果を上げたいのなら、

道から逸れたことはせず、誠実に進めることですね。

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!