桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【上司、必須!】若手社員の上司への依存体質を断ち切る方法

f:id:sakuraikoki:20180811145113j:plain

 

「部下が、いつまでたっても独り立ちしない。

指示を出さないと動こうとしないし、

些細なことでもとにかく相談してくる。

いちいち細かい指示など出してられないし、

相談を受けるたびに正直イラッとしてしまう。

どうしたものでしょう。」

 

上司に依存する姿勢から脱却しようとしない。

「お客さんからクレームが出そうなので、

一緒についてきてもらえないでしょうか?」

「メールの文面、不安なので、

お客さんに送信する前に見ていただけないでしょうか?」

など、ほんのちょっとしたことでも、

すぐに助けを求めてくる。

最近、部下を持つ30~40代の方から、

こんな話をよく伺います。

なかなか、困ったものですね…。

 

ただ、部下が依存体質を改めようとしない原因。

それは、上司にも求められるかもしれません。

 

これまで、相談を求めてきた部下を、

あえて突き放したことはありますでしょうか?

自分で考えるよう促したことはありますでしょうか?

 

なかなか動こうとしないから、事細かに指示を出してしまう。

また、全ての相談事に対して、すぐに答えを教えてしまう。

上司が部下とこのように接していては、

いつまでたっても、部下は姿勢を改めることはないでしょう。

 

部下が、独り立ちして仕事を進められるようになる過程で、

以下の大事な要素があります。

 

①「考える」

②「悩む」

③「決める」

 

このステップを何度も何度も繰返すことで、

若い人材は成長していくわけですね。

 

すぐに答えを出してあげるのは、

①のステップすら踏ませないことになり、

当然、部下は育ちません。

 

「でも、部下の求めに対して、

丁寧に答えてあげるのも上司の役割なのでは

それは優しさではなく、「甘やかし」でしかない。

部下は楽をするばかりで、ほとんど成長しないでしょう。

この繰り返しで、楽をすることに慣れてしまい、

思考停止状態で仕事を続けるのみ。

 

そして、年齢を重ねた末に待つもの。

それは、「使えない人材」として、

最悪はリストラの対象に…。

 

若手が、将来どんな社員に育つのか。

本人の素質だけに起因するのではなく、

若い頃に接してきた上司の責任が重いのです。

 

逆に捉えれば、上司の手腕により、

将来有望な社員に育て上げることもできます!

ここは、ひとつ心を鬼にして、

部下に考えさせ、悩ませ、決めさせましょう!

そして、部下が最終的に決めた行動について改善点があれば、

責任もって上司が指摘し、フォローしてあげること。

荷が重いかもしれませんが、

それが上司の仕事であり、また、若手に向けての愛情でもあるのです。

 

なお、あえて突き放す態度をとると、

部下から「嫌な上司」と煙たがられるかもしれません。

しかし、彼自身が後輩や部下を持ち、

アドバイスや指示を出す立場になったとき、

必ずあなたから厳しく接しられたことが、経験として生きてきます。

そのとき、

「あのとき、厳しく接してもらった良かったな」

と、感謝されることでしょう。

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!