桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【成功者が教える】人に笑われるような発言が、イノベーションを生み出していく

f:id:sakuraikoki:20180716130055j:plain

 

「自分が出したアイデアを、

少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、

独創的な発想をしているとは言えない。」

 

かの有名なマイクロソフト創業者ビル・ゲイツの言葉です。

今や、全世界で15億人が使用していると言われるwindows

そんな世界最大級のメガヒット商品も、

きっと始めは、人から嘲笑されるようなアイデアだったのでしょう。

あなたは職場でも、何かアイデアが浮かんだら、

率先して発言ができますか?

特に、会議や打合せの場面。

何かアイデアが浮かんだとしても、

発言を躊躇してしまう。

「これ言ったら笑われるかな…。」

「こんな意見、きっとバカにされるよね…」

こんな言葉が、心の中に連呼される。

そして、発言を求められたら、

ついつい周りと合せ、無難な意見しか言わない・・・。

きっと、あなたにも身に覚えがあるでしょう。

しかし、ゲイツが言うように、これでは独創的な発想など、まるでありません。

現状打破するような画期的なイノベーションなど生まれるはずがない。

会議も打合せも、非常に中身の薄い時間になってしまいます。

逆に、周りから嘲笑されるような発言が飛交う会議は、中身が濃い。

笑われる、バカにされるってことは、

誰の頭にも思いつかない独創的な発想だってこと。

これを大事に育てない手はありません。

私の知人にも、

脱サラして起業し成功させている人が何人もいるのですが、

その中の多くの人たちが、辞表を出す前、

散々上司同僚から笑われたそうです。

「そんなこと、できるわけないでしょ!」

「バカなこと考えてないで、会社に残ったら?」

周囲から揶揄されながらも、

自分の成功するビジョンをいろんな人に話しまくった。

すると、その想いに共感してくれる協力者が、徐々に増えていったそうです。

今では、順当に自分の好きなことを仕事にしている。

まさに、人から笑われた独創的な発想が、

実を結んでいると言えます。

この事例は、会議や打合せの場面にも相通じるのです。

だから、恐れることなく、

頭に浮かんだことは、思い切ってアウトプットしましょう!

笑われたり、バカにされたり、否定されたりしても、

もう一度強く主張してみることが大事。

それでも罵声が止まらないようであれば、

「了解しました、失礼しました!」

笑顔ですんなり引き下がりましょう。

この姿を見て、あなたに同調している人は、必ず1人はいます。

後で、その人とあなたの発想について、深く掘り下げるのです。

その上で、協力して、資料にまとめてみたり、企画書をまとめてみたりする。

そして、会議や打合せで、提案を再チャレンジ!

この過程を根気よく続けて行けば、いつか必ず、

あなたの「笑われた発言」がこの世に具現化されるときが訪れるでしょうう。

発端は「人に笑わられる発言」。

それを口にだし、周りからバカにされることを積極的に楽しんでいける勇気。

これが、イノベータ―として求められる基本的かつ

重要な素質だと言えるのです!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!