桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【試す価値あり!】「ビッグマウス」でチャンスをつかむ!!

f:id:sakuraikoki:20180703204342j:plain

 

W杯、世界トップクラスを相手に大健闘でしたね。

本田選手の試合後のインタビューで

「目標は優勝」

という言葉を繰り返していたのが印象的でした。

 

日本では、「謙虚」でいることが美徳とされる傾向があります。

そのため、ビッグマウスが忌み嫌われる場面が、しばしば見受けられる。

ところが、ビッグマウスは、決して「謙虚」と対局ではありません。

なぜなら、とてつもない目標を本気で口にする人は、

ひたすら「謙虚」な努力を実行するからです。

それも、常人には考えられないほど血のにじむような努力。

とても真似できないレベルです。

 

その一方で、

「自分は大したことありませんから」

一見謙虚に見えるセリフですが、これは単なる「卑屈」です。

「謙虚」と「卑屈」は、全く別次元

 

卑屈な人は、謙虚に努力することさえも怠ります。

「どうせ俺なんて、こんなものでしょ。」

と、自分の可能性を自分で否定してしまう。

現状維持か、時間の経過とともに緩やかな衰退に終始。

そのくせ、成功者のことを非難したがります。

「たまたま運が良かっただけだ。」

「やり方が汚い。」

など、粗探しばかり。

ただ、結局この批判は、羨ましさの現れです。

また、努力しない自分を肯定するための言い訳。

こんな言動を繰り返すだけの人々は、全く成長することはないでしょう。

もちろん、仕事でも大きなチャンスが訪れることなく、

良くてそこそこの成果しか出すことはできない。

 

こんなの、寂しくありませんか?

 

卑屈になるのをやめ、謙虚な努力ができる自分になりませんか?

その方が、絶対に人生は充実します!

そのために、一度、大口を叩いてみてはいかがでしょう?

もちろん、世界一とは言いませんが、

「社内で営業成績トップになる!」

「同期で出世頭になる!」

目下のコミュニティの範囲で、天下取るくらいの目標を口にしてみましょう!

ビジネスマンとしての人生が、一変するかもしれませんよ!

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!