桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【あなたはいかがです?】「こんな人はサラリーマンに向いてない」vol.2

f:id:sakuraikoki:20180521184222j:plain

 

脱サラ経験をお持ちである自営業や経営者(20〜40代男女)に聞きました。

「こんな人はサラリーマンに向いてない」vol.2

それでは早速、行ってみましょう!!


◯敬語が使えない

これは、厳しいですね。

直属の上司どころか、社長に対してもタメ口!

「あ、社長!俺の給料、来季50%アップでよろしくね〜!」

なんて平気で言っちゃったり。

次の日から、席がなくなってますね。


◯仕事できない人と給料に大差のないことが許せない

これは、分かりやすいですね。

年功序列が未だに主流の日本企業。

一日中ネットサーフィンしている窓際族のオヤジより、

馬車馬のように働かされてる若手の方が、給料が安い!

「働いてないオヤジより給料安いなんて、

マジでふざけんなよ!」

これをつい上司に言ってしまう状態にまで陥ったのなら、

もうサラリーマンを続けること無理でしょう。


◯仕事のパートナーを自分で選べないことが気に食わない

これも、分かりますね。

せっかくやる気満々で会社に入ってきたにも拘らず、

一緒に組まされることになったパートナーが、

絵に描いたような抜け殻おじさん。

「あ〜、適当にやっといて。」

なんて仕事を丸投げされる始末。

「こんなんじゃ、やる気でーへん。俺も手を抜きますわ…」

それで、本当に手を抜き始めてしまったのなら…。

あなたの能力がもったいない!

脱サラをオススメします。

◯上司の「隠し事」を本人の目の前で言ってしまう

これは、何なんでしょうかね。

必死で隠しているようだけど、明らかに上司が

「カツラ」

他の同僚は、空気を読んで知らないふり。

ところが・・・。

「あれ、課長、もしかしてその頭、『人工』ですか?!」

ついつい、言っちゃったりして。

次の日から、課長は職場に来られません。

こんな風に職場の「風紀」乱す人は、

残念ながらサラリーマンには向いてないですね。

 

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!