桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【新人へ伝えたい!】上司の人物像に恐れるな!!

f:id:sakuraikoki:20180407221701j:plain

 

新社会人のみなさん!

入社して最初の週が終わりましたね。

どんな1週間でしたか?

 まだまだ研修期間の方も多いことでしょうけど。

 

さて、社会人生活を楽しく過ごせるかどうかというポイントにおいて、

重要なキーマンとなるのが、「上司」の存在。

上司の良し悪しで、

あなたの社内ライフが8割方決まるといっても過言ではありません。

 

パワハラが社会的に問題になっている現在、

やはり部下に気を使う上司は増えてきましたが、

それでもまだまだ、部下を潰しにかかる上司が後を絶えないようです。

由々しき事態ですが・・・。

 

ところで、なぜパワハラ上司は、部下に対して酷い態度をとるのでしょうか?

心理的には、以下のような原因が考えられます。

 

1 「承認欲求」が強すぎる。自分とは違う考え方が部下から示されると、

  自分が否定されたかのように感じて、攻撃的な態度に豹変する。

2 「支配欲」が強すぎる。部下を自分の思い通りにしたい。

3 「生理的」な要因。顔、声、臭いなど、特定の部下の要素を本能的に拒絶する。

4 「正義感」。会社や部下のことを思って、あえて厳しくしている。

 

正直、3の場合は、どうすることもできないのですが・・・。

また、4であれば愛情ゆえの行動だと言えるのですが、

このパターンは少ないようです。

 

1と2の心理に関する詳細な考察は、

いずれ記事にしたいと思います。

 

さしあたり、お伝えしたいことを記述します。

それは、もしも残念なことに、

パワハラ上司の下についてしまった場合のこと。

 

上司への対応は簡単ではないし、職場にいる時間が非常に心が重苦しくなるでしょう。

それでも、何とか乗り切っていくことが求められます。

 

ただここで、ひとつ、肝に銘じておいて欲しいことがあります。

もし上司からボロクソ言われることが続いても、

決して真に受けないようにしてくださいね。

確かに、ミスして上司から怒られることは、ある程度仕方の無いことでしょう。

それでも、あなたの人格を否定するような発言を連発されるようなことがあったら、

それは、あなたの責任ではありません。

そんな「人格が崩壊」した上司と仕事をする羽目になった境遇を、

運が悪かったものだと受け止めましょう。

自分を卑下する必要は、全く無いのです。

 

そのくらい、割り切った考えを持つことは、非常に大事。

過激な発言を真に受け

「あぁ、俺はなんてダメなやつなんだ・・・」

と悲観的になっては、とても精神が持ち堪えられません。

こんなことで、鬱になったり、体を壊したりするのは、

あなたの今後の会社人生にとって、大きな損失。

だから、あなたの心や体を守ることに、もっと重きをおいてください。

「変な上司だから、勝手に言わせておこう。」

「こんな上司の元へ俺を配属した、人事が悪い。」 

こんな自分に都合のいい解釈をしながら、上司と接すること。

その方が、あなたの心も体もすっきりして、

仕事へのパフォーマンスも改善されていくでしょう。

 

「そんなこと言われても、パワハラが長いこと続いたら、

さすがに絶え切れない。こんなとき、一体どうしたら良いでしょう?」

ご安心を。

最終手段は、思いっきり反抗することです!

職場中に聞こえるくらいのどでかい声で。

(注)ただし!絶対に、手だけは出さないように!!

万が一やってしまったら、取り返しのつかないことになります。

反抗中は、手を背中の後ろでつないでおきましょう。

あなたが泣き寝入りして、病気休職になる必要なんて、全くありません!

 

この状況になれば、おそらく人事は動いてくれます。

問題ある職場環境を、

放っておくわけにはいきませんからね。 

あなたか上司が、異動になる可能性は非常に高い。

めでたく、離れ離れになれるわけです。

 

ただ、このレベルまで行き着くのは、

せめてパワハラが始まって3ヶ月は経った後にしましょう。

 

「もしも、人事が何もしてくれなかったら・・・。」

 

そうなったら、会社に見切りをつけて、

転職活動して良いと思いますよ。

苦しんでいるあなたのことを助けてくれない会社になど、

この先、幸せになれないでしょうから。

 

と、ここまで行くのはよっぽどの話ですが、

この最終手段があると考えれば、

上司のパワハラに深刻に悩む必要は無くなるわけです。

だから、上司の人物像に精神を揺さぶられることなく、

思い切って、仕事に臨みましょう!!

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!