桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【改めて警告!】「詳細を伝えずに」イベントのお誘いをしてくる人って・・・?

f:id:sakuraikoki:20180321173942j:plain

 

イベントやらセミナー。

東京では、毎日そこいら中で、頻繁に開催されています。

あなたもよく、お誘いを受けていませんか?

 

もちろん、良質なイベント等もたくさんあります。

内容がしっかりとしていて、

良縁が生まれるイベント、目から鱗の出るようなセミナーなども、

数多く展開されている。

 

しかし、その反対に、悪質なイベントも多数存在しているという事実。

儲け主義に走り、「ぼったくり」とも言える内容で、

見境いなしに集客しまくっている・・・。

 

両者の見分け方として、どんなことが考えられるでしょう?

そのフィルターとして、わかりやすい指標があります。

イベンターからの「誘い方」です。

 

LINEなどで、こんな口調から誘いを申し出てくる人、

あなたの周りにもいませんか?

 

「こんにちは!

3月21日の夜って、空いてますか?」

 

いきなり、こちらの都合だけを聞いてくる。

 

いや、空いてるけど・・・。

軽々しく返事すると、ここぞとばかりに詳細を送りつけてきます。

内容を見ると、まぁ低俗そうなイベント。

参加費も、理不尽な設定。

(よくありがちなのが、「男性8000円、女性2000円」というような、

金額差が以上に激しいもの。

女性さえ集めれば、男は勝手に集まるという幼稚な考えに基づきます。)

 

「こんなの行きたくないんだけど・・・。」

と思いつつ、予定が空いていると言ってしまった以上、

気の弱い人は「それでは、結構です!」と断れません。

気の乗らないものの「参加させてください。」と返信し、

仕方なく、渋々参加する羽目に。

そして、案の定ろくでもないイベント内容で、

無駄な時間とお金を浪費し、結局、後悔する羽目になる。

 

ひどい話です。

 

綺麗に言えば、「協調性を大事にする」

悪く言えば、「嫌われたくない」

そんな、実に日本人らしい特性を逆手に利用した、集客方法のようです。

おそらく、誰かから教わったマニュアル的な誘い方でしょう。

 

はっきり言って、卑怯な方法。

実際、そのイベントの内容に自信がないからこそ、

正々堂々と人を誘えないのでしょう。

その証拠に、つまらないテクニックに走って、

何とか人を誘い込もうとしている。

 

そんなイベントを勧誘してくる心の荒んだ人には、

一切、遠慮する必要はありません。

はっきりと言ってあげてください。

「お誘いはありがたいのですが、今後は、詳細を一緒に送ってくれませんか?」

わかりました!と返事だけ達者にしてきたにもかかわらず、

次も同じような誘い方をしてきたら、今度は最後通告です。

「前に言ったこと、なぜ守ってくれないのですか?」

そのあとは、返事をしてこないか、意味不明な言い訳をしてくるのどちらかでしょう。

もう、構うことありません。

あなたも、無視して結構です。

言い争っても、時間とエネルギーの無駄遣い。

 

「それを繰り返していたら、誘われなくなるのが怖いのですが・・・。」

なんて弱気な考えが浮かんだ、そこのあなた!

逆に言えば、そんな悪意に満ちた誘いに乗り続けていて良いのですか?

お金も時間も、相手の都合の良いように疲弊させられるだけですよ。

関係切れた方が、あなたの今後のためです。

 

「断捨離すれば、新しいものが入ってくる」という普遍の真理。

関係切った代わりに、間違いなく、

もっと素晴らしい出会いが待ってますよ!!

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!