桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【あなたはいかが?】売る行動は、相手のためか、自分のためか。

 

f:id:sakuraikoki:20180321133508j:plain

ものを売るって、簡単じゃないですよね。

商品の品質だけでなく、

お客さんとのコミュニケーション能力も、大きく大きく問われます。

 

あなたは、きちんとお客さんの幸せを願って、商品を売っているでしょうか?

それとも、

「仕事だから仕方なく売っている。」

「売れたら、俺の給料が上がる!」

と、お客さんそっちのけで、利己的主義に走って販売をしていないでしょうか?

もし後者だとしたら、実に悲しいことです。

お客さんが幸せにならないだけでなく、

あなたも、あなたの会社も、いずれ大きく信頼を損ねる結果が待っているでしょう。

 

ここでキーワードになるのが、商品に関する「情報格差」です。

まず、お客さんは商品に関する知識がほとんど持っていないという前提で、

接客をしなければなりません。

 

それを逆手にとって、商品のメリットばかり打ち出すのはNG!!

「売れれば、何だって良いんだよ!」

という卑劣な精神のもと、都合の良いことばかり言って売りつけ、

後にお客さんにとって想定外な「悲惨な」結果が待っていたとき。

あなたはクレームを受けるだけでなく、恨みを買うことになるでしょう。

いくら理路整然とクレームをはねのけたとしても、

恨みという「感情」は、そう簡単に消えることはありません。

 

かと言ってお客さんの要望に対して、

「それは、できません。」

「残念ながら、難しいです。」

と繰り返すだけで、何一つ代替案を出さないような売り方もダメ。

お客さん側からすれば、なにか不具合が生じた時、

「きちんとお伝えしたはずです」

と抗弁するための、売り手の「責任逃れ」行為にしか見えません。

こんな人から、お客さんは、まず買う気などしないでしょう。

 

要は、お客さんに「判断材料」をたくさん与えてあげること。

お客さんと売り手の間で、商品に関する情報格差は、

歴然としているのですから。

できるだけ、その差を埋めてあげることが、

お客さんへの「愛情」というものでしょう。

 

だからこそ、メリットもデメリットはっきりと告げること!

また、デメリットを補填するために、売り手側がどれだけ努力できるのか、

できるだけ提案してあげること。

そして、売った後も、責任を持つ覚悟をすること。

 

どれも、「お客さんの幸せを願う」からこそ、自然と発生する行為。

本当に「売れる」人の真理とは、こんなポイントにあるのではないかと思う、

今日この頃です。

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!