桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【即NG!!】あなたの目の前に人がいるのに、スマホを優先するって・・・。

f:id:sakuraikoki:20180319223726j:plain

 

メール(LINEやメッセンジャーなどを含む)は、もはや仕事には必要不可欠なツール。

だからこそ、メールを巡っては、

その人の仕事の良し悪しがはっきり浮き彫りになります。

 

そこで、メールについて、仕事ができる人の特徴を列挙してみましょう。 

 

①とにかく返信が早い

②例え忙しくてすぐに返せなくても、絶対に返信を怠らない。

③かと言って、人と直接対面で会っている会っている時に、スマホをいじらない。

 

実にシンプル。

特別なことじゃないですね。

それでも、実践できている人は、意外と少ないものです。

 

その中でも、特に③だけは、絶対に蔑ろにすべきではないでしょう。

人との信頼関係を築く上で、非常に重要なことですから。

 

こんなことがありました。

とあるカフェで、一人の保険営業の方と、

対面で話をしているときのことです。

その方、目の前に私がいるにもかかわらず、

終始スマホに目をやり、忙しなく指を動かし続けていました。

こちらの存在など、全く御構いなしに。

もちろん、会話は途切れ途切れ。

 

さすがに我慢ならなくなって、こう問いかけました。

「すみません、そんなに急ぎの連絡が、次々と寄せられているんですか?」

すると、この方の返答は、こうでした。

 

「いえ、そういうわけじゃありません。

上司から、連絡が入るので、随時返信しているのです。

上司に返信を早く返すって、営業マンとして当然の行為じゃないですか。

お客さんによっては、不快に思う人がいるかもしれませんけど、

感じ方は人それぞれだし。

私は、それが正しいと思っているので。」

 

・・・意味が全然わかりません。

私に限らず、あなたの目の前の人は、

あなたのために時間を作っているのですよ。

空間も時間も共有してくれている人を差し置いて、

遠く離れた上司の存在を優先するなど、言語道断。

人として、とても尊敬できる行動ではありません。

 

すぐに影響が現れないかもしれませんが、

間違いなく、徐々に徐々に、信頼は失う一方。

いずれ、痛い目を見て、気がつくことでしょう。

残念ながら、営業マンとしては失格と言わざるをえません。

おそらく、成績も「それなり」でしょう。

 

ただ、そんな失敗を経験したとしても、

その方の人生勉強でしょうか。

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!