桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【上司は要チェック!!】あなたが下した部下への指示。本当の目的は…?

f:id:sakuraikoki:20180228214136j:plain

部下を持つあなたへ。

今日も、何かしらの仕事を部下に命じたことでしょう。

当然です。

上司が部下に対して、仕事の指示命令をすること。

これは、上司としての責務ですから。

 

ただ、あなたが部下に対して命じた仕事。

今一度、振り返ってみませんか?

あなたの中で、その命令の本当の目的は何だったのか。

 

本当に、会社のために必要な仕事か。

真に社会に価値をもたらす仕事か。

 

まさか、

「自分の出世のため」

「己の保身のため」

「上司に怒られないため」

こんな超利己的な目的じゃありませんよね?

 

働き方が見直され始めている昨今でも、

まだまだ、「前例踏襲」という理由だけで、

社会的価値のない仕事を部下に押し付ける上司も少なくないようです。

例えば、部下には大した発言権も持たせない割に、

夜の会議に付き合わせる風習がはびこっている巨大組織とか。

 

少しでも心当たりを感じたあなた。

悪いことは言いません。

絶対に、明日から態度を改めましょう。

 

部下は、わかってますよ。

あなたが「利己的な目的」で指示を下していることを。

どんなに指示の際に正論並べても、

表情や態度、言葉遣いで、部下は敏感に感じ取るものです。

 

また、もしもそんな愚かな理由で命じられた仕事のために、

部下が遅くまで残業する羽目になっていたとしたら。

あなたは、部下の大切な人生の時間を奪っていることになります。

あなたの我がままのおかげで。

 

「うちは、残業代がちゃんと出るんだから、良いじゃないか!!」

と、極端な正当化に走ったあなた。

危険です。

第一、20代30代の貴重な時間を、

時間単価数千円の残業代の支払いで奪ってしまうなんて、

非常に罪深い。

若い時の時間は、お金には代えがたいほどの価値がある。

いくら大金を積んでも、絶対に帰ってきません。

 

そして、その時間を奪われ続けた部下からは、

間違いなく、信頼を失います。

ほぼ確実に、嫌われます。

一度生まれたしまった溝は、なかなか埋めることはできないでしょう。

 

これを読んで、恐怖心を感じていただいた方。

嬉しいです。

あなたには、まだまだ人間として正常な感性が残っています。

明日からでも、遅くありません。

部下に指令を出す前に、

あなたの心に問うてください。

「これから指示することって、独り善がりじゃないかな…?」

この一呼吸が、部下の人生を豊かにし、

またあなたと部下の信頼関係を強固なものにすることでしょう。

 

 

----------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!