桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【学生必見!】就職活動において大事にしたい5つのこと《その3》

f:id:sakuraikoki:20180220203828j:plain

 

大学生のみなさん!

もうすぐ、就職活動が本格化しますね。

 

せっかく就職戦線に勝利しても、

すぐに退職してしまう若者も少なくないこの現状。

いわゆる「ミスマッチ」が生じては、

本人にとっても、企業にとっても、非常に不幸なことです。

 

就職は、これからの人生を大きく左右する大事な節目。

絶対に、失敗したくはないですよね。

そのためには、何を意識すれば良いでしょうか?

 

今回は、

「就職活動において大事にしたいこと5つ」

をご紹介します!

今回は、第3回。

新卒で就職した会社に不満を感じ、

20代で転職を経験した社会人の意見も取り入れつつレポートいたします。

それでは早速、いってみましょう!

 

 

3 まずは「広く浅く」

業界を絞り込む学生が多いかと思います。

「私は金融だけしか見ません!」

「俺は、商社一本!」

「僕は、公務員志望だから、民間企業への就職活動はしない。」

など、始めから狙うべき業界を絞って、効率的に内定を得ようとする戦略。

もちろん、決して悪いことではありません。

人それぞれ、就活前から興味を持っている業界はあるでしょうし、

何より時間的にも限りがあります。

ただ、できれば、もっともっと視野を広げて欲しいところです。

まずは、「広く浅く」始めること。

できる限り多くの業界に触れてみることをお勧めします。

 

いくら就活前に業界を絞っていても、

それは今までの知識だけで判断したものでしかありません。

専門学科、企業側の資料、あるいは先輩たちの話。

それらのみの判断材料では、少ない選択肢の中から進路を選んでいるに過ぎない。

一生を左右する時期だというのに、それでは非常にもったいないです!

資本主義という大海は、想像もつかないくらい広いのですから。

もっともっと、広い可能性に目を向けましょう!

 

実際に、自分の目で数々の会社を見て、沢山の社員さんたちと話をすることで、

あなたの価値観は絶対に代わります。

これまで全く思いもよらなかった分野に、

大きな興味関心をそそられることも少なくないのですよ。

 

ちなみに、士業や公務員志望の人は、

民間企業への就職活動を全くしない場合も少なくないでしょう。

勉強する時間が削られて、もったいない!

そんな事情も良く分かりますが、

ぜひ視野を広げて、試しに企業訪問をしてみましょう!

実際に企業の雰囲気に触れてみることで、魅力的に感じ、もしかしたら、

「民間企業に行きたい!」

と、進路志望が変わるかもしれないですよ。

 

新卒時は、企業側がもっとも手厚く待遇してくれるタイミング。

一生のうちでも、こんな時期は他にありません!

ならば、この機会をフル活用しない手はありません!

どんどん企業訪問して、思う存分、

経済の第一線プレイヤーである会社たちの実態を勉強しましょうよ!!

 

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!