桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【こいつは許せん!】世にも恐ろしいとんでもない社員記録①

f:id:sakuraikoki:20180218223130j:plain

「飲み会幹事丸投げ」野郎

 

とんでもない後輩社員のお話。

入社1年目のA君は、B先輩に対して、若手懇親会の開催を提案するのですが…。

 

A「B先輩、同期のCと話したんですけど、今度、若手同士の懇親会をやろうってことになりました!」

B「いいね、やろうよ。」

A「じゃ、決まりですね!先輩、みんなへのアナウンスと店のセレクトをお願いします!」

B「え?!それ、俺がやるの?!」

A「だって、先輩が声かけてくれた方が、僕たち後輩は喜んで参加しますよ!店だって、先輩が選んだって言えば、みんな『さすが!』って尊敬しますよ。」

B「…そうか、分かったよ。色々決めたら、また連絡する。」

押付けられた感が煮え切らないにも関わらず、後輩たちのために幹事役を引き受けるA先輩。

優しいですね。

 

その後、忙しい時間を割いて、若手社員十数名に声かけ。

みんなの予定を考慮して、何とか日程も確保

お店も、何とかみんなの好みに合うよう、厳選に厳選を重ねました。

 

数日後。

A「今度の懇親会の店、○○って和食屋にしてみたよ。」

B「いいっすね!!楽しみにしてます!!」

やってもらって当然!と言わんばかりのB君の態度にイラッとしながらも、かわいい後輩たちのためだと自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせます。

 

ところが、当日…。

B君と廊下ですれ違ったところ。

A「今日、ヨロシク!19時に直接店に来てね。」

B「あ、今日なんですが、急きょ別件入っちゃったんで。俺行かなくてもいいっすか?」

 

は?!

ふざけんじゃねーぞ!お前から懇親会やろうって言ってきたんじゃねーか!!

さすがにブチ切れた先輩!

「お前、本気で言ってるのか?!ふざけんじゃねーぞ!!」

B君に対して、当然の大激怒!!

にも拘らず、B君は

「え?何で怒ってんの??」

と言わんばかりのキョトンとした表情だったとか…。

 

…なんとも、神経の図太い、というか鈍感な後輩ですね。

後輩が率先して雑用雑務を引き受けるという文化に慣れていない。

そして何より、他人の配慮に対する感謝の意識が足りない、というか、感謝というセンサー自体を持ち合わせていたいようです。

 

ひょっとして、あなたの近くにも、

こんな後輩いるんじゃないでしょうか?

 

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!