桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

今すぐできる!効果絶大!部下に慕われる3つの方法②

f:id:sakuraikoki:20180103193017j:plain

 

部下を持つあなたに質問です。

あなたは、胸を張って、部下の仕事に責任を持っていると言えますでしょうか?

例えば、部下が仕事で何か失敗をし、上席に説明しなければならないとき。

「私はきちんと指示したんですが、彼はそれに従わなくてですね~」

なんて、責任逃れ発言をしていませんか?

だって、俺じゃなくて、部下のミスなんだから…。

その気持ちは良く分かります。

ただ、あなたは罪が軽くなるかもしれませんが、当の部下から、120%信頼を亡くしますよね。

また、あなたの責任逃れの悪評は、瞬く間に同僚たちに伝わる。

あなたの予想以上に。

あっと言う間に、あなたは「嫌われ者上司」の仲間入りです!!

こんなの、嫌ですよね?!

 

では、どうしたらよいか?

こんなときは、腹を括ることが大切。

「部下の仕事は、私の責任です。」

と言ってください。

例え、本心ではそう思ってなくても、です!

間違いなく、当の部下から尊敬の眼差しでみられますよ。

とは言え、その後の自らの処遇が不安な方。

ご安心ください。

違法行為のような明らかな不祥事でない限り、あなたの首が切られることは、まずありえないのですから。

せいぜい、昇進昇給が少し遅くなるくらいです。

それよりも、部下との心の繋がりが深くなった方が、あなたにとってメリットが大きいと思いませんか?

心の絆は、何ものにも代えがたい、一生物の財産になります。

 

ただ、発言するときは、真剣な表情かつ深刻な声色で。

「私の責任ですよ~ww」

なんて、にやけ顔で軽々しく言っては、

「こいつ、自分の株を上げたいだけなんじゃないか?」

と思われるだけ。

それでは元の子もない。

真剣さがポイントです。

 

上司であるあなたは、部下の仕事に責任を負う覚悟を決めましょう。

部下が失敗したときは、

「私の責任です。」

と正々堂々と発言すること。

必ず、部下はあなたに着いてきます。

ぜひ、やってみてください!

 

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!