桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

将来有望なサラリーマンは、「書店での本の買い方」が違う!

f:id:sakuraikoki:20171228153210j:plain

 

本日は、多くの会社で仕事納めですね。

年末年始のまとまった時間を活用し、自己啓発に励む若手社員もいることでしょう。

自己啓発に有効なアイテムは、何と言っても書籍!

何かを知りたい、身に着けたいと思ったら、本は良き先生となります。

ただし!

本の内容をスムーズに吸収し能力を伸ばすサラリーマンと、

本を買っても何の成果も出せないサラリーマン。

世の中では、この二極化が顕著なんです。

 

本を読んでないわけではないけど、一向にその内容を自分のものにできず、取り残されていく先輩もたくさんいます。

「俺だって、一生懸命勉強してるのに、なんでや!」

と悔しくて仕方ないことでしょうね。

 

そこの若手社員さん!

あなたは、本を相棒に成長するサラリーマンになりたいですよね。

両者には、どんな差があるのでしょうか?

今回は

「書店での本の買い方」

の違いについてご紹介します!

 

 

◯将来有望なサラリーマンは、事前に本に求める情報を明確にしておく

書店に行くときは、必ず事前に、本に求める情報を明確にしておきましょう。

「何が知りたくて、本を探しに行くのか」

明確にしておくこと。これを実践し続ければ、

あなたは将来有望なサラリーマンになれます。

 

例えば

「プレゼンの資料をもっと分かり易くつくりたい!」

と思ったとき。

そのように念じながら書店に行けば、

「これだ!」

というノウハウ本を発見できます。

なぜなら、「分かり易くつくる」ことの定義は、実はあなた自身の頭に描かれているものに他ならないから。

あまたあるノウハウ本の中でも、その定義と一致することが書かれている本こそが、あなたの求めている本そのものなのです。

その本の知識を吸収し、あなたの能力として身につければ、自己啓発でぐんぐん成長するサラリーマンとなれることでしょうと。

 

 

◯将来つぶれるサラリーマンは、なんとなくダラダラ本を探す

「何か読めば、とりあえず勉強になるんじゃね?」

と安易に考え、書店でなんとなくダラダラと本を探す。

これも良いあれも良いと迷いに迷い購入した本も、読んだところで何も知識として身につかない。

この繰り返しでは、あなたは将来ダメダメなサラリーマンになってしまいます。

 

目的をはっきりさせないと、探し物を見つけられないのが人間の特性。

本も一緒で、どうしても得たい知識が明確でないと、それを満たしてくれる本とも決して出会えることがないのです。

そんな状態で買った本には、あなたに必要な情報は書かれていない。

本とすれ違いを続けていては、あなたのサラリーマンとしての未来はありません!

 

 

いかがでしたか?

書店に行くときは、必ず本に求める情報を明確にしておくこと。こ

の実践で、あなたは必要とする本と出会い、自己啓発を上手に行う将来有望なサラリーマンになれます。

ぜひ、やってみてください!

 

 

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!