桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【即効!】会社で怒りを抑えるための最強メンタリズム学②

f:id:sakuraikoki:20171205225326j:plain

 

上司から許せない一言をもらった経験がありませんか。

例えば、仕事で失敗して

「普段からチャラチャラしてっから、そんなことになるんだよ!」

「ホント、使えねーな!お前は!」

こんな許せない言葉を上司から浴びせられたこと。

あなたにもあるはずです。

こんなとき、ついカッとなって

「そんな言い方、あり得ないでしょ!!」

と怒りをあらわにして、言い返したくもなるでしょう。

お気持ちは良く分かります。

しかし、それではかえって逆効果。

相乗効果で、上司の怒りのバロメーターも急上昇。

お互い激論を繰り広げることになり、収拾がつかなくなってしまいます。

だからこんなときは、あなたが一歩大人になり、冷静になることが大切です。

 

そこで、今回も

「許せない言葉を上司に浴びせられたときに、自分の怒りを鎮める方法」

についてご紹介!

第2段、行ってみましょう!!

 

 

2.5分間、その場を離れてみる

罵倒を浴びせられ、もう我慢できない!

こんなときは、5分間だけ、その場を離れてみましょう。

「急ぎの電話をかけなければならないので、少しだけ時間をください」

と、その場を離れ、トイレの個室に籠る。

5分間経過したら、また上司の元へ戻りましょう。

すると戻ったときには、怒りはどこかへ消え去っているのです。

 

カッとなる衝動は、目の前にその対象物があるからこそ湧き出てくるものです。

罵倒され、その時の上司の表情をみたら、もう居ても立っても居られないほどの怒りが腹の底からこみ上げ、爆発寸前!

だから、一旦、上司を視界から消しましょう。

目をつむるのは変ですから、理由を付けてその場を離れるのです。

腹立たしい上司の表情は、あなたの視界から完全にシャットアウト。

そして、トイレに5分間籠っていてください。

その間、じっとしているのも良し、頭を掻き毟るのも良し。

さらに言えば、泣いても良いです。

5分の間に、100℃まで沸き立った怒りの温度は、平熱36℃まで下がります。

この状態であれば、上司の顔も平常心で直視できる。

お互い冷静になって、建設的なコミュニケーションがとれるわけです。

 

ただし、時間は5分が限度です。

それ以上になると、さらに上司の怒りがヒートアップします。

分かり易いのが、電車待ち。

都会にいると、5分以内で電車が来ることが当たり前の感覚です。

それ以上待たされるとイライラが募る。

これと一緒で、5分と言う時間は一つの基準になります。

余計な感情を煽らないよう、時計をチェックし、5分で上司のところに戻るようにしましょう。

 

上司に罵倒され我慢できなくなったときは、5分間だけ、その場を離れてみましょう。

その5分間が、あなたの怒りの解熱剤となり、冷静さを取り戻させてくれます。

ぜひ、やってみてください!

 

 

-------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!