桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【即効!】会社で怒りを抑えるための最強メンタリズム学①

f:id:sakuraikoki:20171202153531j:plain

 

上司から許せない一言をもらった経験。

何度もありますよね。

例えば、仕事で失敗して

「普段からチャラチャラしてっから、そんなことになるんだよ!」

「ホント、使えねーな!お前は!」

こんな許せない言葉を上司から浴びせられたこと。

あなたにも思い当りませんか?

こんなとき、ついカッとなって

「そんな言い方、あり得ないでしょ!!」

と怒りをあらわにして、言い返したくもなるでしょう。

お気持ちは良く分かります。

しかし、それではかえって逆効果。

相乗効果で、上司の怒りのバロメーターも急上昇。

お互い激論を繰り広げることになり、収拾がつかなくなってしまいます。

だからこんなときは、あなたが一歩大人になり、冷静になることが大切です。

そのためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

この章では

「許せない言葉を上司に浴びせられたときに、自分の怒りを鎮める方法」

について、シリーズでお伝えします。

それでは早速第一弾、行ってみましょう!

 

 

1.10秒間だけ沈黙を貫いてみる

 上司にムカつく言葉をぶつけられ、カチンときた!こんなときは、上司を目の前にして、ほんの10秒間だけ沈黙を貫いてみましょう。口を真一文字に固く閉じて、言葉を発しないようにぐっと我慢!すると、不思議なことに、沸騰したお湯が冷めていくかのごとく、みるみる怒りが鎮まっていきます。

 

 言い返したくなるほどの激しい怒り。それは瞬発的なものです。時間がたてば、自然と収まっていきます。何故なら、人間は「恒常性」を維持する生き物だからです。体が怪我をすれば自然と治癒していくのと同じように、心だって一度乱れても、時間が経てば自然と平静に近づいていく。一旦カッとなっても、恒常性維持機能が働き、心は元どおり穏やかになります。その時間は、およそ10秒間。ここが勝負の分かれ目です。この短いようで長い10秒間を、唇を噛み締め、ぐっとこらえ切れば、あなたは見事と怒りを克服することができるのです。上司と無駄に喧嘩することもありません。

 

 ただし、質問をぶつけられるケースには要注意。「お前、本当ダメだな!一体、どう思ってるんだ?」これに対して10秒間リアクションせずに黙りを続けていたら、反抗しているようにとられてしまいます。ますます上司の怒りを助長し、逆効果です。こんなときは、「少々、お時間ください」を一言はさみ、10秒間心の中で数えて、答えるようにしましょう。冷静な返答が頭に舞い降りてきます。

 

 

 上司に酷い言葉をぶつけられ、ムカッとしたときは、ほんの10秒間だけ沈黙を貫いてみましょう。その10秒間が、あなたの沸騰しかけた頭に冷水を注いでくれます。そして、冷静にその場を対処できることは間違いありません。ぜひ、やってみてください!

 

 

-------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!