桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【若手必見!】無駄に見えても、心がけ一つで実用的なスキルに変わる5つの雑用

f:id:sakuraikoki:20170908191959j:plain

 

若いうちは、上司先輩から様々な雑用を押し付けられるものです。

「なんで俺が、こんな無駄なことやらなきゃならないんだよ!」

と腹立たしくもなりますね。

ただ、それでは勿体無い。

実は、少しだけ視点を変えれば、無駄だと思える雑用もあなたの成長の糧になるのです。

では、その糧となる雑用、具体的にはどんなものがあるのでしょうか?

今回は

「無駄に見えても心がけ一つで実用的なスキルに変わる5つの雑用」

をご紹介です。

30〜40代の中堅どころのサラリーマンにインタビューし、若手の頃の体験談をもとにレポートいたします。

 

 

①机拭き

 朝の机拭きなんて、かったるいだけだぜ!なんて思ってしまいますが、実は重要なステップアップにつながります。机を拭くことは、まさしくその机を使う人への「愛情提供」。飲食店の店員がお客さんのために机を綺麗にするように、「気持ち良く仕事をして欲しい」と心を込めて机を吹くのです。そんな献身的な姿勢は、仕事相手と信頼関係にも現れる。待ち合わせ場所には必ず相手よりも先にいる、最高の笑顔で挨拶するなど、相手が「素敵だな、この人」と思う行動が自然とできるようになるのです。営業や取引の相手とスムーズに仕事ができるようになりますよ。

 

 

②コピー取り

 たかがコピー取り!と思いがちですが、やり方によっては、あなたの強いスキルに変わります。ポイントは、「効率化への意識」。両面印刷、2in1、ステープル機能等を駆使して、紙の量やその後の作業量を減らす工夫をするのです。コピー取りで養った、無駄削減や効率化へのこだわりは、他の仕事の場面でも現れます。仕事の優先順位リストを作ってから作業に取り掛かる、会議資料は事前にメールで参加者に送り時間を節約する、など。コピー取りも意識高く望めば、あなたは仕事の随所に効率化を発揮できるようになるのです。

 

 

③お茶出し

 なんで私がやらなきゃならいの!と思いがちなお茶出し。それでも、気持ちの入れ方次第で、あなたの成長につながります。古来伝わる茶道が「おもてなしの心」を表すものであるように、お茶出しも立派な接客サービス。「『美味しい』と言ってもらえるお茶入れ」「『ありがとう』と言ってもらえる笑顔の接客」を心がけてお茶出しをしてみましょう。極めれば営業でも「あなた、良いね!」と言われるようになり、成績がアップすること間違いなしです。

 

 

④会議録

 会議録の作成は、本当に面倒な作業ですね。しかし、実は大きなスキルアップにつながる困難な仕事です。何しろ支離滅裂な議論を取りまとめることが求められるわけですから。それなりの論理的思考力、文章構成力が必要です。もし「小学生でも理解できる」文章に仕上げれば、完璧!いくら頭の悪い上司であっても、後からすんなり理解してもらえます。実は、会議録の作成は、あなたの思考力や文章力を養う奥深い作業なのです。

 

 

⑤飲み会の企画

 若手に押し付けられがちな、職場の飲み会の企画。お偉いさんも来るから気も使うし、本当、セッティングは憂鬱です。それでも、「いかに参加者全員が満足してもらえるお店や料理を設定できるか」を念頭に置いて企画してみましょう。参加者が楽しい時間を過ごせるのかを考え抜き、リサーチ。そして、最高の時間と空間をプロデュースすること。これは、合コンやデートのセッティングで、相手を感激させるための最強スキルにつながります。職場の飲み会の企画を一生懸命することで、なんとモテる男にもなれてしまうのですね。

 

 

 いかがでしたか?このように、普段あなたが押し付けられていると思っている雑用も、非常に大きな成長のチャンスになりうるのです。全ては、あなたの心がけ一つ次第。ぜひ、今すぐに、見方を変えてみてください。必ず、雑用にも対してやる気がみなぎります!

 

 

 

-------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!