桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【新人必見!】若い頃についついやりがちな「ダメリーマン」7つの行動

f:id:sakuraikoki:20170904191858j:plain

 

社会人になって間もない若手サラリーマン。

勢いもあり、ガムシャラに頑張っている時期ですね。

そして、経験が浅い分、失敗も多い。

ただ、実はその失敗の中には、あなたを

「ダメリーマン」

へと導く恐ろしいものもあります。

それを回避するには、どんなことに気をつけたら良いのでしょう?

今回は

「若い頃についついやりがちな『ダメリーマン』の行動」

を7つご紹介いたします。

中堅どころ30代のサラリーマンに若手時代を振り返っていただき、その内容をレポートいたします。

 

 

①パソコンを見ながら挨拶

 「おはよう!」「お疲れ!」上司や先輩から気持ちの良い挨拶。それにもかかわらず、若手社員は作業の手を止めるどころか、顔をパソコンに向けたまま「おはようございます…」「お疲れ様です…」とボソボソ返事。これでは、典型的なダメリーマンです。挨拶は、良い人間関係の基本中の基本。おろそかにしては、上司や先輩から「何だ、あいつの態度は!」と印象最悪です。作業の手を止め、しっかり顔を見て挨拶しないようでは、ダメな若手のレッテルを貼られてしまいます!

 

 

②エレベーターを操作しない

 エレベーターに乗った途端、我先と奥に進む。先輩がボタン操作していても知らん顔。これは、全然ダメです。たかがエレベーター操作のようですが、若手の気配りが試される場。率先して操作盤の前に立てないようでは、周りからの印象は最悪です。「他の人が先に操作してるんだから、横取りする必要ないじゃないか!」と思ったあなた。その意識、非常に危険。先輩は「何だあいつ、『操作変わります』も言えんのか!」とご立腹です!

 

 

③名刺を忘れても、後でフォローしない

 商談の場面で、なんと名刺を忘れてしまった!人間ですから、たまにはこんなこともあります。「あいにく、名刺を切らしております。大変申し訳ございません」とお詫び。しかし、本当に大事なポイントは、その後。「まぁ、また今度渡せばいいか。」これでは、信頼度はゼロです!すぐに手紙を添えて、名刺を相手方に郵送することが大人のマナー。これを怠ると、あなたの印象は最低です。うまくいく商談も、残念ながら破断になりますよ!

 

 

④仕事相手の名前を覚えない

 取引先と二度目の面談。その時になんと「えっと、すいません。もう一度お名前よろしいでしょうか…?」こんなのは、もってのほか。絶対に避けましょう。「名前」は、人間が最も大事にするものの一つ。覚えてもらえていたら嬉しいし、逆に忘れられると非常に不愉快。二度目に名前を覚えていないようでは、「こいつ、俺に興味ないな。」と思われ、関係性は亀裂だらけです。何にも差し置いて、相手のお名前は、確実に覚えましょう!

 

 

⑤約束時間のギリギリに到着するように行動

 「お客様とは14時に待ち合わせだから、13:15に出発すれば、時間ぴったりに着くな!」これに違和感を感じないあなた。ダメリーマンですよ!もし電車やバスが遅延したら、約束時間には間に合いません。そのときお客様に「いや〜、電車が遅れまして。」と言い訳すれば、それで済むと思いますか?お客様から見れば「お前がギリギリに着こうとするから悪いんだろ!」と怒り心頭です。トラブルが起きても大丈夫なように、30分前には着くような行動をとりましょう!

 

 

⑥大事な連絡をメール(LINE)だけで済ませようとする

 「28日の15時にお越しください。」「書類提出が遅れます。申し訳ございません。」など、大事な連絡をメールのみで済ませようとする。これは、いけません!きちんと「地声」でお伝えすることが、社会人としての最低限の誠意です。必ず、メールを送った後に、相手方に電話をかけましょう。ちなみに、昨今、体調不良で「今日、会社休みます。」とLINEだけで上司や同僚に連絡する若手がいるそうです。言語道断ですね!

 

 

⑦キャバクラにはまる

 キャバクラ。男であれば、誰でも通る道ですね。普段、同僚や先輩に言えない仕事の愚痴であっても、キャバ嬢は親身になって聞いてくれる。ストレスを発散し、精神状態を安定に保つためには、とても良い手段でしょう。ただ、ハマり過ぎにはくれぐれも注意。気がつくと、お金は湯水のように消え、下手すると大事な彼女も失います。後悔しても、取り戻しがつかないことになりかねない。「行くな」とは言いません。ただ、必ず節度を守りましょう!

 

 

 若手の皆さん、いかがでしたか?これらの行動、一つでもあなた自身に思い当たる節はありませんか?ドキッとしたあなた、ダメリーマンにならないよう、今日から、いや、今すぐ改めましょう!

 

 

 

-------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!