桜井洸希

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【職場のリアルお悩み相談ルーム】ベテランの同僚と仕事がしづらくて仕方ありません・・・。

f:id:sakuraikoki:20161208122908j:plain

 

桜井洸希の

「職場のリアルお悩み相談ルーム」!!

今回は、お客さんに対する悩みです。

 

☆☆☆

他部門にいる同僚についてです。

一緒に仕事しづらくて仕方ありません。

 

私は主に営業職で、その同僚は年齢50代のベテラン設計士。

頭に来ることに、

私のお願いしたとおりに仕事をしてくれないんです。

クライアントの要望を聞いて、

それを具体的に設計図に仕上げてもらうよう設計士に繋げるのが私の役割。

私の案件の設計を担当するのが、その同僚です。

ところが、その彼、仕事をお願いするたびに

「こんな設計図、俺は描きたくない。」

「今は忙しいから、1週間は手が付けられない。」

とか平気で言うんです。

いくら説明しても、なかなか応じようとしてくれない。

ときには上司にも説得に協力してもらい、

ようやく渋々仕事に取り掛かる。

そんなやりとりで、いつも辟易しています。

 

先日のエピソードです。

大事なクライアントさんから、

急な話だが1週間以内に図を書いてもらえないか?

と依頼をいただきました。

今までの事例で行けば、それほど無理のない時間設定のはず。

それを彼にお願いしたところ

「そんなすぐにできるわけないだろ!

営業なんだから、その辺り察して、ちゃんと断ってこいよ!」

と激高してきました。

さすがに私もカチンときて、

「大事なお客さんからのお仕事なんですから、ちゃんと対応してください!

○○さんも、うちの会社の人間ですよね!

個人的な感情だけで仕事を投げ出さないでください!!」

と言い返してしまいました。

すると、いよいよ彼は本気で怒り、

「じゃあ、俺はもう知らんぞ!自分で描け!!」

完全にそっぽ向かれる始末…。

 

この件に関しても、私の上司が改めてお願いし、

何とか対応してもらえました。

彼との状況を上司に相談しても、

「まぁ、○○さんはこういう人だから、上手く付き合って行ってよ。」

と、適当に煙に巻かれてしまいます。

 

営業で頑張って仕事をとってくるたびに、

その一方で、彼に設計を依頼するという苦痛が積み重なる。

このジレンマループで、ストレスがたまる一方です。

私は、どうしたら良いでしょうか…?

  (20代女性/設計事務所勤務)

☆☆☆

 

ベテラン社員との仕事。

若手社員は、上手く関係性が築けず、

頭を悩ませることも少なく内容です。

特に、若手が「お願いする側」である場合は、

なおさらですね。

必然的に、弱い立場に置かれるので…。

お気持ち、お察しします。

 

若手社員のあなたとしては、

売上を出し、会社に貢献したい。

だからこそ、ベテラン設計士の彼も、

営業から伝えられたクライアントの要望を忠実に再現すべき。

そう考えるのは、当然でしょう。

それにもかかわらず、彼は一向に、

あなたの言うことを素直に聞こうとしません。

何故でしょうか?

 

ベテラン社員、中でも偉そうな態度をとる人は、

とにかく頑固です。

自分の考え方に妙なプライドを持っていて、

それに対して意見されたり、説得されたりすることを

強く嫌う傾向があります。

特に、若い人から指図されると、

この上ない屈辱感すら感じることも少なくないのです。

残念ながら、あなたのことを、

「まだまだアマちゃん」だと思っているでしょうから。

 

よって、いかなる状況であれ、

そのプライドを傷つけるような行為はNG。

いくら理路整然とした内容だとしても、

下手に意見したり説得にかかったりしては、

感情を逆なでして意固地になってしまうのです。

さらに、あなたは感情的にならないよう、要注意です。

それでは火に油をそそぐことになりますので。

 

それでは、どうしたら良いでしょうか?

まずは説得しようなんて思わないこと。

そして、とにかく相手を立ててあげましょう。

それには、

「さすが」

「すごいですね」

などの言葉で褒めちぎってあげることです。

事あるごとに、これを意図的に繰り返す。

ベテラン男性には、まさに効果てき面ですよ!

もちろん、不本意であることは、重々承知ですが…。

 

これで、彼自身のプライドが満たされ、

仕事に対する意欲も倍増します。

あなたのことも

「しょうがねえな~、面倒みてやるか。」

と、可愛い子どもに手を貸すような感覚で接してくれます。

(これも、不本意でしょうね…)

この心理状態であれば、

若手であるあなたからの仕事のお願いも、

これまで以上にすんなりと聞き入れてくれることでしょう。

ぜひ一度、試してみてください!

 

—————————————

◇職場の人間関係にお悩みのあなた!お気軽にご相談ください!

 職場の人間関係が原因で、不満やストレスをため込んでいませんか?

 「サラリーマンのためのお悩み解決アドバイザー」

 「職場の人間関係改善コンサルタント

 として活動中のエッセイスト・桜井洸希が、

 みなさまのお悩みをズバッと解決いたします!

 心理学的な見地も活かし、皆様のお悩みコンサルティングいたします。 

 詳細は、下記URLをクリックしてください!

 http://www.sakurastation.jp/consulting

 

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 ぜひ、ご購読ください!

 詳細は下記URLから!! 

www.subarusya.jp