桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【職場のリアルお悩み相談ルーム】パワハラ女性上司から罵倒の毎日。一体どうしたら・・・?

f:id:sakuraikoki:20161128201418j:plain

 

桜井洸希の

「職場のリアルお悩み相談ルーム」!!

今回寄せられたお悩みは、こちらです。

 

☆☆☆

私の直属の上司は、女性なのですが、

超攻撃的なんです。

席も隣で、毎日のように

「これじゃ、全然ダメ!」

「説明が下手くそすぎる!」

と激怒されています。

酷い時には、

「それで給料もらえると思うなよ!」

もう、言われたい放題です。

周りの人たちも、その状況を目の当たりにしているのに、

みんな我関せず。

誰も助けてくれません。

私も、一生懸命仕事しています。

しかし、そんな仕事に対する姿勢など、

一切見てもらえません。

そんな状況なので、

私もケアレスミスを連発するようになってしまいました。

もちろん、その度に、ボロクソ激怒され続ける始末…。

隣に座っているだけで、怖くて仕方ありません。

正直、毎日朝起きるのが辛いです。

私は、どうしたらこの状況から解放されるでしょうか。

(20代男性/官公庁)

☆☆☆

 

パワハラ、というか、モラハラでしょうか。

これも、厳しい状況ですね。

どんなに一生懸命仕事をしても、

凄まじい勢いで声を荒げてくる。

そんな場面に遭遇するたび、

「怖い」「逃げ出したい」と恐怖感にかられ、

ひいては

「もう、この上司からは離れたい…」

という思いを抱いてしまうことでしょう。

これでは、あなたにも、上司の型にも、

お互いにとって何もプラスは生まれませんね。

 

ここは一つ。

勇気を出して、初めての反論!

お言葉ですが…!」

と思い切って声をだしてみることです!

それも、他の同僚が聞いている状況でやりましょう。

攻撃的な上司は、あなたが怖がって離れようとするから、

追い討ちをかけてくるのです。

だから、ここは腹を括ること!

目をそらさず、上司と対峙する姿勢を見せるんです。

すると、上司の心理にも、

あなたに対して少なからず「威圧感」を感じるようになります。

しかも、必死に反論しているあなたの姿勢を見て、

普段罵倒されている状況を良く知る周囲の人たちは、

心の中であなたを応援し始め、

味方になってくれるのです。

「見て見ぬふりをしている」

と感じていらっしゃるでしょうが、

あなたの勇気ある姿に心打たれる同僚は、

少なくとも1人はいるはずですよ。

ただし、応戦するときは、

決して上司を罵倒しないように気を付けてください。

それでは、上司と同じことをしているだけで、

あなたへの周囲の評判が下がってしまいますから。

感情的になり、怒鳴り散らしたくもなりますが、

ここはひとつ、グッとこらえて。

あくまで冷静に、理路整然と反論することがポイントです。

 

もし、それでもダメなら、

上司の上司(あなたの直属の上司が係長なら、課長のこと)に、

今の状況を伝えましょう。

ここまできたら、組織的な問題です。

「でも、告げ口したら、評価が下がりそうで・・・」

お気持ちはわかりますが、

そんなこと言っている場合じゃないです!

評価よりも、あなたの精神的健康の方がよっぽど大事。

それに、メンタルヘルスが原因で休むようなことになった方が、

圧倒的に評価に響くのですから・・・

 

早急に、手を打ちましょう!!

 

—————————————

◇職場の人間関係にお悩みのあなた!お気軽にご相談ください!

 職場の人間関係が原因で、不満やストレスをため込んでいませんか?

 「サラリーマンのためのお悩み解決アドバイザー」

 「職場の人間関係改善コンサルタント

 として活動中のエッセイスト・桜井洸希が、

 みなさまのお悩みをズバッと解決いたします!

 心理学的な見地も活かし、皆様のお悩みコンサルティングいたします。 

 詳細は、下記URLをクリックしてください!

 コンサルティング|職場の人間関係のお悩みをズバッと解決!!桜井洸希 official site

 

電子書籍が発売になりました!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 ぜひ、ご購読ください!

 詳細は下記URLから!!

www.subarusya.jp