桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【職場のリアルお悩み相談】派遣社員だからって、邪険に扱うな!!

f:id:sakuraikoki:20180923143234j:plain

 

私は、某大手企業に勤める派遣社員です。

派遣社員の立場だからなのか、

他の社員から低く見られているような気がしてなりません。

他の正社員が、私にどんどん仕事を振ってくるんです。

自分でやりたくない面倒なことは、全部!

「そこまで、私がやらなきゃならないの?」

と悲鳴を上げたくなるくらいに。

声をかけられるたびに、イラッとしてしまいます。

毎日毎日、行きつく間もないくらい、

てんてこ舞いです。

 

そんな私の姿を見て、課長も気を遣って

「もっと○○さんの負担を減らせるよう、私も考えないとね。」

と言ってくださいました。

とても嬉しかったです。

 

ところが、その数日後、

「○○さん、この書類、シュレッダーかけといてもらえる?」

なんて、段ボール箱3箱も手渡してきたんです!

私の手一杯な様子を労ってくれているのかと思いきや、

まさか、課長の個人的な雑用を押し付けてくるなんて…。

社員の皆さん、とても人当たりの良い方々なんです。

だから、できればこの会社で働き続けていきたい。

でも、こんな状況が続いたら、きっといつかは私が潰れてしまいます。

何か、有効は手段はないでしょうか?

 (30代女性/大手企業派遣)

☆☆☆

 

仕事、とくに単純作業や雑用を押し付けられてしまう。

派遣社員さんという立場ならではのお悩みですね。

人との接し方を肩書で変えてしまうのは良くないと頭では分かっていても、

無意識で行ってしまう。

悲しき人間の心理です。

あなたにとっては、さぞかし、ストレスのたまる状況でしょう…。

とても大変だと思います。

 

確かに、正社員さんたちは、

自分でやりたくない面倒な仕事を、

あなたに押付けてしまっている部分はあるでしょう。

ただ、それは裏を返せば、あなたが信頼されているということ。

あくまでも、それぞれの仕事の一義的な責任者は、

その仕事を担当する正社員それぞれですから、

適当な人に任せたりしないでしょう。

あなたなら必ず、

しっかりとこなしてくれるだろうと信頼している証。

その点は、ぜひポジティブに捉えてください!

 

そうは言っても、このままの状況を続けてしまっては、

あなたも辛い。

しっかりと、解決を図っていきましょう!

幸い、周りも人当たりの良い人たちだということですので、

対策も立てやすいと思います。

 

まず、正社員と派遣社員であるあなたが行う事務分掌について、

切り分けを明確にしましょう。

その点が曖昧だから、正社員はあなたに仕事を頼みやすくなってしまっている。

「ここまでは頼める、これ以上は頼めない」

この意識付けをしっかりすることが重要です。

そのためには、手間だとは思いますが、

あなたが事務分掌案を作成し、

あなたからそれを課長さんに提示しましょう。

しかも、内容はより具体的な方が良いです。

 

例えば

◇顧客管理システム入力について

 【正社員】顧客情報の中から、システムに入力すべき情報を選別する(そうでない情報は、切り捨てる)

 【派遣社員】正社員が整理した顧客情報を基に、システム入力作業

◇統計分析について

【正社員】集計・分析、数値を表にして整理

派遣社員】上記を受け取り、グラフ化及び説明文作成

こんな具合です。

作成した上で、課長さんとしっかり話し合う。

そして、合意のとれたものを正社員の皆さんに徹底してもらいましょう。

この過程を踏めば、正社員たちのあなたへの接し方は、

必ず変わっていきます。

 

さらに、課長からの雑用依頼に関しては、

遠慮することなく、かつ、ちょっと辛そうな顔を装って

「すみません、しばらく手が離せそうにないのです…」

と告げましょう。

課長は、ささいな気持ちであなたに頼んでいます。

この程度のことなら、あなたに頼んでも良いかな、と。

それが、あなたのしんどそうな顔を見た途端、

「(逆に)このくらいのことなら、自分でやろうかな」

と思い返してくれますよ。

 

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【上司必見!】部下の不安を煽る叱り方は、彼らを凋落へと追い詰める

f:id:sakuraikoki:20180922145434j:plain

 

先日、とある巨大組織に所属する若手社員から、

仕事でミスをしてしまった時のエピソードを聞きました。

ちょっとした事務手続きを間違えたために、

上司にこんな怒られ方をされたそうです。

「なんでこんなことしたんだ!

これは、後で問題になるぞ。

大変なことしてくれたもんだ。」

 

・・・ダメ上司の典型例といっても過言では無いですね。

上席や外部監査から、

後々責任追及の対象になるようなミスなのでしょう。

説明を求められるのが当の上司なので、

部下を責めたくなる気持ちはわかります。

 

ただ、部下の不安を煽るような叱り方は、

彼らのモチベーションを著しく下げる。

今後、部下はますます萎縮してしまい、

思い切った仕事ができなくなります。

ほんの些細な仕事を進めるにしても、

全て上司の指示を仰ぐ姿勢が身についてしまう。

自律的・積極的に仕事に取り組むよりも、

上司から怒られないことを主たる目的に行動するようになりますから。

これでは、部下の成長が阻害されるだけです。

 

上司たるもの、部下のフォローをすることも大事な仕事。

ミスした部下に対して、

もっと頼り甲斐のある言葉をかけるべきと言えるでしょう。

例えば、

「やってしまったことは仕方ないので、

部長には私から説明して謝っておくよ。

今後は、同じようなミスをしないように気をつけよう。」

そして、

「ミスを防ぐために、どんな対策があるか、

自分なりに考えて、

後で私に聞かせてもらえるかな?」

と、自主的な改善努力を促す。

すると、部下自身、

ミスという出来事を「経験」という名の

ポジティブな解釈に転換できるわけです。

 

部下の一つのミスを、成長の機会につなげるか、

それとも凋落の落とし穴にしてしまうか。

上司の手腕が問われていると言えるでしょう。

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【職場のリアルお悩み相談ルーム】決断力の無い上司にうんざりです!!

f:id:sakuraikoki:20180921161838j:plain

 

私の上司、本当に決断力がないんです。

もう、イライラして仕方ありません。

取引先との調整ごとでもめてしまった!

あるいは、新しい事業開拓ができそう!

こんな状況で相談するんですが、

「う~ん、ちょっと簡単に決められないので、考えさせて。」

と結論を先送り。

結論はいつまでたっても出されず、時間だけが過ぎていきます。

そのため、事態が悪化したり、

チャンスを逃したりすることが、日常茶飯事。

しかも、お客さんと直接やりとりするのは、

あくまで私です。

要するに、上司の決断が遅いせいで、

損するのは私自身なんです!

本当に、

「腹括って、ビシッと決められないのか!」

と毎日頭にきています!

この上司、どうにかならないものでしょうか?

  (20代女性/保険営業)

☆☆☆

 

決断力のない上司。

そのもとで働く部下は、大変ですよね…。

ビジネスには、スピード感が重要。

もたもたしていては、

チャンスを逃し、ピンチを悪化させかねないケースが多々あります。

 

では、こんな決断力のない上司に、

ピシッと決断させるにはどうしたらよいでしょうか?

 

それにはずばり、

「選択肢を用意すること」

その選択肢は、

「良い案(A)」「ダメな案(B)」

の2つ。

もちろん、Aはあなたが進めたい方向の内容です。

こちらで上司が決定するよう、

誘導しましょう!

上司に迷う余地を与えないことです。

「Aだと取引先は無難に納得すると思います。

Bでも納得させられる可能性もありますが、さらにもめるリスクがあります。

どちらにしましょうか?」

当然上司は、Aを指示します。

しかも、上司が決定したという揺るがない事実が残る。

したがって、たとえその案が良い結果を招かなかったとしても、

責任の所在は上司と明確に位置づけられるため、

あなた自身は荷が軽くなるんです!

これは、お得ですよね。

 

ただ、気を付けたいのが、

Bを完全否定して提案しないこと。

Bではダメです!と断言すると、

まだAしか思いついていない状況だと認識され、

「他に方法無いかな?」

と上司の迷いを生みます。

Bも有効手段の一つと認識させることが大切です。

 

決断力のない上司に相談する際は、

必ず選択肢を2つ用意しましょう。

どちらを上司に選ばせるかは、

あなたがあらかじめ決めておいた上で。

必ず仕事は前に進み、イライラが解消されますよ!

 

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【人生の大先輩たちが教える】「誰でも参加できる儲け話」ほど危険なものはない

f:id:sakuraikoki:20180920221746j:plain

 

警察庁の発表によると、

ビットコインなどの仮想通貨が不正アクセスによって盗み出された被害は、

今年上半期(1~6月)に158件で、

前年同期の3倍超になったそうです。

まだ記憶に新しい、今年の1月に騒動になった

NEM(ネム)流出は約580億円相当で、

それを含めた被害総額は約605億円に達するとか。

 

仮想通貨は、口座さえ開けば、

誰でも簡単に購入することができます。

昨年末の異常な過熱ぶりは冷めてきたものの、

未だに「簡単に儲かる」という幻想のもと、

安易に大金を投入する人が、後を絶たないようです。

 

ただ、現実は甘くない。

仮想通貨を否定するつもりはありませんが、

「誰もが必ず儲かる」

「確実に価値が上がり続ける」

という根拠はどこにもありません。

また、株やFXと異なり、世の経済状況との関連性が薄く、

上昇・下落の予測が非常に困難。

いわば、「ギャンブル」に近い投資と言っても過言ではないでしょう。

 

経済の基本原理は、「ゼロサムゲーム」

誰かが金銭的に儲かっているということは、

その分、他の誰かが持ち出しをしているということ。

仮想通貨も、もちろん同様です。

しかも、仮想通貨そのものには、現物資産としての価値はありません。

つまり、

「モノやサービスを売った人は、収入を得て、

反対にモノやサービスを購入した人は、それを活用して高揚感を得る」

これが経済の基本中の基本ですが、

仮想通貨を購入したところで、地の生活で活用できるわけでもなく、

そのものから高揚感を得ることはできません。

 

また、誰もが簡単に参入できる儲けの世界は、

必然的に大勢の人たちと、

競合者として対峙することになります。

一部の情報強者やその道の玄人と勝負して、

素人が到底敵うはずもありません。

 

さらに、たちの悪いことに、

簡単に参入できる分野であればあるほど、

詐欺的行為をはたらく者も多く交ってきます。

「あなただけには、特別に教えます。」

「あなたは選ばれた人です。ラッキーですね。」

人の欲求につけ込み、言葉巧みに誘ってきます。

(冷静に考えて、本当においしい情報であれば、

その人だけで独り占めするはずです。

わざわざ、一般人にまで話が広めるわけがありません。)

仮想通貨の不正アクセスのような

高度技術による犯罪行為も多発しやすい。

彼らの技術力は、

予防線を張る人たち「想定の範囲外」を突くものであり、

IT技術をかじった程度の知識では、

まず太刀打ちできるはずもありません。

防御さえ、自らのコントロールの範疇にないとは、

怖いことだと思いませんか?

 

良いことばかりを見せかける甘い誘惑話。

あなたも、心当たりがありませんか?

うまい話に乗るかどうかは、もちろん自己責任です。

ただ、理屈で考えると、

そんな話からは手を引いた方が賢明だと言えるでしょう。

 

「うまい話には、必ず裏がある」

「苦労せずに手に入れたものは、あっさり自分の手から離れやすい」

ぜひ、今一度、胸に刻んでおきたい言葉です。

こんなセリフ、常識に縛られている奴の考えだ!

お金に対するメンタルブロックがあるから、そう思うんだ!

と安易な主張を繰り返す人々も沢山いますが、

世の不変の真理と言っても過言ではないでしょう。

逆に、

「コツコツと積み上げてきたものは、

信義則を破らない限り、簡単には崩れない」

誠実かつ地道に会社員を続けて人、

また、苦労しながらもビジネスを作り上げてきた人は、

そう簡単に収入源が途絶えることはないし、

つまずいても、すぐに修正がきくようになる。

急がば回れ

と言うように、地道にコツコツと自力を伸ばし、

クリエイティブな自分を築き上げる方が、

結局のところ、成功への近道と言えるでしょう。

 

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

 

【プチ時事ネタ】「副業・兼業禁止」の環境に染まり続けて、本当に良いの?

f:id:sakuraikoki:20180919200333j:plain

 

厚生労働省所管の独立行政法人

労働政策研究・研修機構」の調査によると、

会社員の副業・兼業について、

4分の3の企業が認める予定がないそうです。

政府が進める「働き方改革」の大きな柱のひとつ、

副業・兼業の解禁は、

なかなか思うように浸透していないと言ってよいでしょう。

 

副業・兼業を認めない主な理由は、

「過重労働で本業に支障を来す」

というもの。

実に8割強の企業がこの理由を挙げています。

従業員たちの体調に影響が出て、

その点を懸念し、

企業側は、やはり根強い抵抗感を見せているようです。

 

確かに、副業・兼業に没頭するがあまり、

本業が疎かになることは、あまり好ましい状況とは言えません。

例えば睡眠時間が削られ、

本業に身が入らず、業績低下ということにでもなれば、

正規社員として雇用している企業側にとっては大きな不利益です。

 

ただ、本来、就業時間以外のプライベートの時間は、

どう使おうと個人の自由のはず。

いくら就業規則で「副業禁止」と規定していても、

それはプライベートについてまで縛りをかけていることになり、

企業側の過剰介入という見方もできます。

もしも、副業が原因で、本業を疎かにする社員が現れたとしたら、

そのときは改めて罰則を講ずれば良いでしょう。

 

また、

「過重労働で本業に支障を来す」

ことを恐れて副業・兼業を禁止するのであれば、

それ以外の阻害要因はどう取り扱うのでしょう?

副業・兼業以外で本業に及ぼす要因はいくらでもあります。

例えば、

「日曜日にフルマラソンに出て、翌日は疲弊して仕事にならない」

という事態を防ぐために、

フルマラソンを出場禁止にできるでしょうか。

(実際は、好ましいことだと言えませんが)

 

穿った見方かもしれませんが、

「社員たちを自分たちのテリトリーの中で管理したい」

「『給料』というエサにより、会社にべったり依存させたい」

「他の収入によって経済的に自信を得た社員たちに、

牙を向けられたくない」

こんな経営者層の防衛心理が色濃く伺えます。

 

総務省「就業構造基本調査」によると、

1997年は、30代において最も分布が多かった所得層は、

500~699万円。

それが、2012年には、

300~399万円にシフトしてしまったそうです。

たった15年で、ものすごい勢いで格差が広がってしまった。

もちろん、その差を埋めるだけの給料アップを図ってくれる会社は、

ほとんどないと言って良いでしょう。

 

つまり、1つの会社に染まった生き方をしていては、

ワーキングプア

になりかねないのが現実だと言えます。

 

あなたがもしも、

時流に乗らず頑なに副業・兼業を拒む会社に所属しているのであれば。

その会社にずっとい続けて良いものなのかどうか、

一度、真剣に考えてみることをお勧めしたいです。

 

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

 

【先輩社員が語る】「話の聞き方」たった一つで、できる社員にもダメな社員にもなる!

 

f:id:sakuraikoki:20180918211353j:plain

若手社員の皆さん!

「仕事相手との信頼関係」

どの程度、意識していますか?

これは、様々な人たちと関わりながら仕事をする組織人にとって、

この上なく重要なことです。

 

この信頼関係、実は

「話の聞き方」

で、大きく変わってしまうものです。

「ちょっとしたコツ」

を意識するかしないかで、

信頼関係が強固なものにもなるし、

また反対に、破壊的なものにもなる。

この差で、その後の会社員人生さえも、

大きく明暗が分かれてしまうのです。

怖いですね。

 

「できる社員」ほど、この話の聞き方が、

非常に長けているのです。

 

それでは、スムーズに相手と信頼関係を築ける

「話の聞き方」

とは、具体的にどのようなものでしょうか?

「できる社員」と「ダメな社員」

双方の例をご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!!

 

 

◯「できる社員」は、相手の話を否定しないで傾聴する

相手の話を聞くときは、

否定しないで傾聴しましょう。

どんな話であっても、まずは

「そうですね。」

と肯定的なリアクション。

これを意識すれば、あなたは将来、

人から好かれる

「できる社員」

になれます。

 

人は話をするとき、

自分の考えを否定されないかと不安を持ちがち。

だから、否定せず

「うん、うん」

と頷いて話を聞いてくれる人に対しては、

信頼感を持ちます。

「この人だったら、なんでも話せそう!」

と心の中で相手は思い、あなたに気分良く話し続ける。

そんな風に信頼感が生まれた状態なら、

あなたが

「こんな考え方もどうですか?」

と違った意見を投げかけても、

相手はすんなりと聞いてくれます。

常に肯定的なリアクションを心がけることで、信頼感の厚い

「できる社員」になれるのです。

 

 

◯反対に「ダメ社員」は、相手の話をすぐに否定したがる

相手の話をすぐに否定してしまう。

自分と違う考えが出たら、とっさに

「いやいや、それは違うでしょ。」

それでは、あなたは将来、

みんなから嫌われる「ダメな社員」になってしまいます。

 

例えば、仕事のプレゼンの最中に、

聴衆から

「そうじゃないだろ!」

と罵倒されたら、いかがですか?

とても気分が悪いですよね。

そして、もう話すことが嫌になるかと思います。

逆の立場で、誰かの話を聞くときも一緒。

ちょっと自分の考えと違う発言が出た途端に

相手の話を否定しているようでは、

あなたは仕事相手とトラブルだらけの

「ダメな社員」になりかねないのです。

 

 

いかがでしたか?

人からのアドバイスや意見は、謙虚に受け取る。

そんな謙虚な姿勢を貫き通すことで、

あなたは周囲を味方にする

「できる社員」

になれます。

ぜひ、やってみてください!

 

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

 

『自分で考えなさい!』と突然、部下を突き放す上司。一体なぜ・・・?

f:id:sakuraikoki:20171122190841j:plain

 

◯上司は、部下の自立と成長を願い、あえて部下を突き放す

 仕事を進め方が分からなくなった時や、何かトラブルが起きて困ったとき。部下としては、当然、上司から指示を仰ごうとします。ところが、上司に相談を持ちかけたところ、何と上司からは「自分で考えなさい!」と予期せぬ返答!部下はへこんで、すごすごと自分の席へ戻っていく…。あなたにも、きっとこんな経験ありますよね。どの職場でも非常にありがちなこの場面、実は上司と部下の間で大きな意識のすれ違いが生じているようです。

 上司としては、何も意地悪がしたくて、「自分で考えなさい!」と言い放っているわけではない。むしろ、部下を思っての行為。自分で考える習慣を身に付け、自立し、社員としてさらなる成長を遂げてほしいと思っているのです。質問されてすぐに指示を与えていては、いつまでたっても部下は自分で解決策を考えようとしません。頭をろくに使わず安易に答えを求める、使えない人材に成り下がってしまう。楽な方に流されやすいのが、人間の悲しき性質です。

 もちろん、正直な話、「何だよ、そのくらい、自分で考えろよ!」という気持ちもあります。それでも、その面倒な気分を前面に出してしまったら、「何だよ、ムカつく上司だな!」と部下から嫌われることも重々承知。それも厭わず、あえて突き放している。嫌われることも恐れず、部下の成長を願ってくれている上司。ありがたい存在ではありませんか。

 

◯一方の部下は、上司から不意に怒られ見放されたかのように感じ、悲しくなる

 さて、一方の部下側であるあなた。上司から突然「自分で考えなさい!」なんて言われたら、どんな気分になりますか?当然、良い気はしませんよね。おそらく、予想外のお叱りを受けたと感じてしまう。そして、上司から見放されたかのような気分になり、悲しさすら覚えることでしょう。部下としては、仕事の進め方が分からずに困っている。その状況を打破したいと願い、良かれと思って上司を頼っているわけです。それにも拘らず、まさか上司から拒絶反応むき出しにされるとは!まるで、両親に抱き着こうとしたら、両手で思いっきり突き飛ばされたかのような感覚…。「な、何?俺のことはどうでも良いの??」と悲しみがこみ上げてきても無理はありません。

 もちろん、上司が言うとおり、自分で考えることが大事なことを部下も分かっていることでしょう。それでも、部下としては、有効打が思いつかずに困っている。失敗しないよう、慎重に仕事を進めたい気持が強く、自分より的確な判断ができる上司の指示を仰いでいるわけです。決して、甘えたいわけでない。部下にとっては、仕事をきちんとやりたいという思いを跳ね返されてしまったように感じてしまう傾向が強いのです。

 

◯部下ができる改善策は、ずばり「『何でもいいから』自分なりの考えを持って指示を仰ぐこと」

 「自分で考えなさい!」上司は、この一言に部下の自立と成長の願いを込めている。しかし、一方の部下は、この一言を叱咤と捉え、上司から見捨てられたと思い込み落ち込んでしまう。この両者の認識の違い。この点についてお互い気付かず、状況を放置し続けていたら、両者の関係性はどんどん冷え切っていきます。部下であるあなたは、裏切られたと上司のことを恨んでしまいかねない…。それでは、状況を改善するために、部下側はどんな策を講じられるでしょうか?

 「私は、上司に指示を仰ぐときは、必ず自分の意見を添えるようにしています。的外れな意見でも構わないので。そうすれば、上司も私を突き放すことなく、何か指示を出してくれます。先手を打って『自分でも考えている』という姿勢を見せることが大事だと思います。」(20代女性/某金融機関勤務)

 この方が言うように、部下としては、指示を仰ぐ際に、必ず自らの意見を主張することが大事です。それだけで、随分上司の態度は変わってきます。「そうはいっても、どうしていいのか分からなくて困っているんだから、きちんとした意見なんて言えないんだけど。」その気持ちもごもっとも。しかし、ここでは「意見を言うこと」それ自体が重要。言ってしまえば、意見は何でも良いのです。どんな突拍子もない的外れな意見だって、構いまわないのです。上司が嫌がるのは、自分の頭で考えない部下の姿勢。だから「私は~~すれば良いと思うのですが」というくだりを必ず加え、曲がりなりにも自分の頭も回転させているのだという姿を上司に知らしめるのです。それにより、上司は「自分で考えなさい!」とは言い返せないし、必ず上司なりの見解も提示してくれます。さらに、「こいつ、自分なりに何とかしようとしているんだな。」と、あなたへの見方も好転していくこと間違いなしです。

  

◯上司も、やはり自分の意見を持っている部下が好み

 「仕事の相談を受けるとき、自分の意見を言わない部下には、かなりイラッと来ますね。自分の仕事を上司に丸投げしているようで、責任感があまり感じられない。だから、その部下の状来のためにも『自分で考えろ!』と突き放します。完璧なものなど求めていないので、自分で考えて何とかしようとする姿勢をみせて欲しいですね。」(50代男性/不動産関係)

 このように、上司も部下に対しては、まずは自分の頭で考えて欲しいと思っているようです。だから、答えを与えず、あえて突き放す。そうであれば、先手必勝!上司から「自分で考えなさい!」と突き放される前に、何でもいいから、とにかく意見をいうこと。こんな簡単なことだけで、状況は一変します。ぜひ、やってみてください!

 

 

☆☆☆

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!