桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【実は勘違い?】休みをとると「干される」と思い込んでいませんか?

f:id:sakuraikoki:20190117220016j:plain

 

働き方改革の流れも手伝い、多くの企業で

「有給休暇の取得」

が推奨されています。

 

そもそも、有給休暇の取得は労働者の権利。

しかしながら、何故か昔から日本では

「休暇は取らないことが美徳とされる」

という風潮が未だにはびこっているようです。

あなたの会社では、いかがですか?

「休んじゃいけない」

「俺が休むと職場に迷惑がかかる」

一見、強い責任感のもと、働き続ける人たちが後を絶たない。

まるで回し車のハムスターのように走り続ける。

当然、毎年休暇を何十日も余らせ、翌年度に繰り越せない分は大量消滅…。

 

このような方々が休めない本当の理由は、一体なんでしょうか?

もちろん

「同僚に迷惑かけちゃいけない」

「俺が休んだら会社に損失を与えてしまう。」

このような仕事に対する責任感も、一つの要因でしょう。

しかし、実は、本当の理由はそこには無い。

本質は、

「会社から向けられる自分への視線」

つまり、休むことで自分自身の評価が下がることを極端に恐れているのです。

 

もちろん、大事な会議や商談の日は別としても、1日や2日休暇を取ったところで、彼の評価が没落してしまうようなことは、まずもって無いでしょう。

そんなことをしたら、会社が避難の嵐に遭遇することは、火を見るよりも明らか。

有給休暇は、労働者としての立派な権利。

このご時世、その権利行使を妨害するような風潮が生じた途端、即刻ブラック企業入りです。

なのに、何故、彼は休めないのでしょう?

単刀直入に、彼らの「思い込み」に他ならない。

入社以来、長年培われてきた

「有給休暇取得=ダメ社員」

固定観念が、根強く身体に染みついてしまっている。

そのために、どんなに疲れても、まるでハムスターのように負のスパイラルループを永遠に周回し続けているわけです。

これぞ、まさに社畜のお手本中のお手本。非常に悲しいですね…。

 

 

⚪️実は「休んでいいよ」の一言を待っている

休むことを拒絶し、常に全力疾走で働き続ける、健気で臆病なハムスター。

とは言え、ハムスターも、永遠に走り続けられるわけではない。

いつか潰れてしまう。

その方が、職場に大迷惑がかかるし、会社にとっても大きな損失です。

そんな忌々しき事態は、本人のためにも会社のためにも、絶対避けたいですよね。

 

では、彼らに対して、どんなケアをしてあげたら良いのでしょう?

答えは、非常にシンプル。

「休んでいいよ」

と一言伝えてあげること。

これに尽きます。

彼も、実はその言葉を待っています。

本当は休みたくて仕方ないのですからね。

特に、上司からの「休みなさい」の一言は効果てき面。

周りも、「休んでいる間、私たちがフォローするから大丈夫ですよ。」と言ってあげることが大事です。

 

「休んでいいよ」

彼らも案外、その「女神の一言」を待っているものです。

ぜひ、あなたから、その言葉をプレゼントしてあげませんか?

 

 

🔳🔳🔳

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【悲しいすれ違い】目的を曖昧にしたまま仕事を振る上司。それを振られた部下。お互いの意識のギャップとは?

f:id:sakuraikoki:20190116212652j:plain

 

目的が曖昧な上司からの指示。

意外にも、きっちりした会社組織においても、かなりの頻度で見受けられるものです。

例えば・・・。

 

⚪️⚪️⚪️⚪️ 

上司「原さん(仮称)、あなたが担当しているY企画の件で、来週会議をしたい。なので、総務部と経理部の関係者を集めてくれますか?」

部下「分かりましたが、それって、何のための会議でしょうか?」

上司「まぁ、何とも言えないけど。『とりあえず会議を設定してくれ。』」

部下「そんなこと言われましても、会議開催のためには、私も先方に目的を説明しなければ…」

上司「Y企画の担当は、あなたですよ。そのくらいの説明、君も責任もってやらないとね。」

部下「そんなこと言われましても…。」

上司「文句言ってないで、少しは頭を使いなさい!」

⚪️⚪️⚪️⚪️

 

あまりにも不親切に見える上司からの指示。

それに対して、後ろ向きな反応をする部下。

今にも、お互いの信頼関係に傷がつきそうな状況です。

それなのに何故、こんなやりとりが繰り広げられてしまうのでしょうか?

そこには、お互いの意識の間に大きな差があるのです。

 

 

◻️上司は、部下に「自分で考え、自分で仕事の目的をはっきりさせてほしい」

目的が曖昧な指示を出す上司。

その姿勢の裏には、実は「部下への期待」があります。

部下自ら考え、仕事の目的を自分なりに明確にしてほしい。

そして、自分の力で仕事を完結させてほしい。

そんな淡い期待を抱いているわけです。

何でもかんでも上司が仕事の目的を明確にしては、部下は上司が決めたノウハウでしか仕事できなくなってしまいます。

それでは、部下が自ら考え仕事を成し遂げる姿勢を失い、いつまでたっても上司に頼るようになる。

長い目で見て、それは部下の為にならない。

「最後まで、自分の力で仕事をやり遂げる!」

そんな強い意思を醸成させて欲しいと願っているのです

 

◻️部下は、上司に対して「仕事の意義の明確な提示を望んでいる」

一方の部下。

目的を曖昧にされたまま上司から仕事をふられたら、まず、戸惑います。

そして、上司に対して、苛立ちすら覚えることでしょう。

部下としては、上司に明確な指示をしてもらいたいと思っている。

部下のかじ取りをすることこそ、上司の仕事なのだと理解していますから。

もちろん、ある程度、部下も自ら考えて動くべきだということは、心得ている。

それでも、仕事の目的まで部下に決めろと言わんばかりの態度をとられたら、非常に困惑してしまうのです。

部下の立場で、そんな重い責任を背負わされる義理は無いはずですから。

上司には、仕事の目的を決め、それに対して責任を持って欲しい。

そんな思いが、部下の本音なのです。

 

 

いかがでしょう?

あなたの職場でも、思い当たる節はありませんか?

 

 

🔳🔳🔳

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【警告!】若い社員を「俺は偉い」と勘違いさせてはならない!

f:id:sakuraikoki:20190115214051j:plain

 

早いもので、1月も半ば。

去年の4月は初々しかった新入社員たちも、すっかり仕事が板についてきたころでしょう。

環境にも慣れ、一人前に仕事を回せるようになった若手も多くいるはず。

ところが、この「慣れ」。

彼らに対して、非常に危険な「罠」をしかけることがあるのです。

それは、「勘違い」という魔の手。

 

組織で働くというは、個人よりも「立場」が相手にとって重要なもの。

よって、個人の力量はさておき、

「頼む側と頼まれる側」

の関係性によって、相手が極端なまでに低姿勢になる場合もあるのです。

 

案件によっては、社長さん自ら出向いて頭を下げられることも珍しくありません。

(特に金融機関や行政機関では、見覚えのある光景でしょう)

 

そのとき、頼まれる側の立場にある若手社員。

いつも電話相手や来客が低姿勢で臨んでくるものだから、ついつい感覚がマヒしてしまう。

そして、こう勘違いする若い人材も少なくないようです。

「俺は偉いんだ!」

 

この思い込みが膨らみ、周りから見ていて不愉快になるくらいに横柄な態度をとってしまう。

お客さんを相手に、腕や脚を組んだり、あるいは相手が話しを聞き流していたり。

さらには、

「そんなんじゃ、全然ダメじゃないですかね~」

といった具合に、横暴な言葉使いで全否定に走ってしまう。

相手の気持ちを全く考えずに。

それでも、頼む側の相手は、謙虚な姿勢を貫くでしょう。

融資、許認可など、案件によっては会社の存亡にかかわるもの。

それを拒絶されるわけにはいかないですから。

「No」と結論付けられることは、ご自身の会社、社員、その家族たち大きなダメージを与えてしまいかねないのです・・・。

 

横柄な態度をとる若手は、相手のこのような切実な事情を理解していないのでしょう。

そのため、頼む側の立場の人たちを平気で罵倒もすれば、拒絶もする。

そして、相手に傷を負わせてしまう…。

結果的に、彼自身に「敵対心」が向けられることにもなりかねません。

例え表面的にならないとしても、心の中では恨みをもたれてしまう。

敵を作って良いことなど、一つもありません。

恐ろしいことです。

 

問題は、彼らは、自分で自分の態度の悪さに気が付いてないことです。

だからこそ、思い切って先輩から指摘してあげることも愛情です。

「○○さん。今日お客さんにとった態度。あれはないと思うぞ。」

「あなたが相手に同じような態度をとられたら、嫌な気持ちにならないか?」

「あなたが偉いのではなく、我々がたまたま頼みごとをされる立場にあるだけ。そのことをしっかり心に留めておきなさい。」

「どんなお客さんであれ、懇切丁寧な対応をするのが大事だぞ。」

以上のような要素を、しっかりと若手に叩き込んであげるべき。

確かに、当の本人から鬱陶しい先輩と嫌われるかもしれない。

それでも、いつかは自覚するはず。

「先輩の言うとおりだったな。気を付けよう。」

反省し、態度を改めるきっかけを与えてくれた先輩のことを、間違いなく感謝することでしょう。

一時は関係がギクシャクしても、長い目で見れば本人のためであり、会社のためでもあるのです。

 

 

🔳🔳🔳

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【誰でもすぐにできる!】ついつい忘れがちな「今年一年の仕事の振り返り」でキャリアアップ!

f:id:sakuraikoki:20181229180403j:plain

 

昨日12月28日で、今年の仕事納めという人も多くいることでしょう。

1年間、お疲れ様でした。

 

年の初めは、何となくではあっても、誰もが「今年はこんな1年にしたい」と目標や希望をイメージしたことでしょう。

一方で、年の瀬を迎えた今。

ついつい忘れがちなのが「今年一年の仕事の振り返り」です。

当たり前のようで、意外と多くの人がやっていないようですね。

 

1日24時間を365日。

与えられる1年の時間は、誰もが平等です。

大事なことは、その時間を有効活用し、自らの成長の糧にできるかどうか。

せっかく一生懸命お仕事してきたにもかかわらず、その経験を実にすることなく、垂れ流しているのは、非常にもったいない!

 

今年一年をあなたの血や肉に還元するために、この仕事納めの日に、ぜひ一年の仕事を振り返ってみませんか?

実践するのは、入浴中、就寝前などリラックスした時間がおすすめ。

ほんの3分間でも構いませんよ。

 

振り返ることで、自信が生まれます。

なぜなら、困難を乗り越えてきた自分の姿を思い出すからです。

過ぎた日々は、淡々と仕事をこなし、何事もなく流れていったように思いがち。

ところが、もう一度じっくり思い出してみると、実は波乱万丈があったはずです。

必死に努力して、困難な場面を乗り越えたことが何度もあったことでしょう。

大きなプロジェクトを完遂し、達成感に満ち溢れたこともあったのではないでしょうか?

その場面を一つ一つ思い出すことで、勇猛果敢な自分自身の姿を思い出し、自分のことを誇らしげに感じることができるのです。

 

また、振り返りの際は、会社や同僚への感謝も忘れずに。

仕事は、上司や部下、その他大勢の社員の協力によりアウトプットが生み出されるものです。

決して、あなた一人だけで成し遂げられるものではありません。

組織で働く人にとっては、なおのこと。

たくさんの人たちと協力し、時には助けられ、仕事を毎日こなせているという事実に対して、ぜひもう一度深く感謝してみてください。

 

大成した経営者や著名人など、世間一般でいわゆる「偉人」と呼ばれているような人たちは、毎日、一日の振り返りを欠かさないそうです。

日々の自分の行いを内観し、一日の経験を見直した上で自分なりに消化して、次の日に向けての活力を生み出している。

一日一日の時間を無駄にせず、自らの成長の糧としているのですね。

また、その日に自分と関わってくれた人たちへの感謝の念を今一度思い返し、身の回りの家族・友人・同僚などをより一層大事にしたいという気持ちを強くしています。

だからこそ、人からの信頼を集められるわけです。

素晴らしい習慣ですね。

 

さすがに、今年一年を一日ずつ全て振り返ることは、時間的にも無理があります。

ですので、せめて今年残り3日間、1日3分間だけでも、今年一年のお仕事のハイライトを振り返ってみましょう。

間違いなく、あなたのキャリア、そして人生のステップアップにつながりますよ!!

 

 

🔳🔳🔳

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【職場のリアルお悩み相談】部下が「報連相」をしてくれない!?

f:id:sakuraikoki:20181217222541j:plain

 

「職場のリアルお悩み相談」

今回のお悩みは、こちらです。

 

☆☆☆

私の部下、まだ2年目の若手なのですが、

自分勝手に仕事を進めてしまい、困っています。

いわゆる「報連相」をしてくれません。

こちらから声をかけるまでは、

私に一切報告してくれない。

それで問題なければいいのですが、

かなり大変な状況になってから、

上司の私が知る場合も少なくないのです。

とてもやる気があることは分かりますが、

ちょっと自信過剰なのかもしれません。

 

先日、私がとった電話越しで、相手がものすごい剣幕で怒っていました。

「○○、いるか!あんな奴をうちの担当にするなんて、

どうなってんだ、お宅の会社は!!」

部下のクライアントからです。

話しをよく聞いてみると、

部下が取り扱ったことのない製品を独断でクライアントに勧めてしまい、

危うく痛手を負う寸前になっていたのだそうです。

私が平謝りして、なんとかその場は収まりました。

 

その後、部下に事情を聞いてみると

「え、そんなことになってたんですか!いや、大丈夫だと思ったので。」

と、あまりことの重大さを認識していない様子。

さすがに、私も怒鳴ってしまいました。

 

それでも変に打たれ強いのか、

その後もあまり姿勢を変えていません。

むしろ、余計私と距離を置くようになってしまったような気がします。

 

上司として、彼の仕事に対して責任があります。

それなのに、彼の方から「報連相」がないのであれば、

管理しようがありません。

 

一体、どうしたらよいでしょうか?

  (30代男性/医療機器メーカー)

☆☆☆

 

自立心の強い部下ですね。

それが過剰な故に、上司も大変な思いをする。

なかなか厳しいジレンマだと思います。

 

もちろん部下として、上司に対して、

自分の業務の報告をする役割があることは、重々分かっています。

それなのに、彼は何故、自主的に報告しようとしないのでしょう?

おそらく、2つの心理が働いています。

ひとつは、

「上司に迷惑かけたくない」

さらに、突き詰めて、

「上司に迷惑かけて、自分の株を下げたくない」

あなたへの思いやりと、自分への可愛さ。

この2つのが、あなたへの報連相を妨げているのです。

 

まず、怒鳴ってしまったことに対して、

あなたから謝ってあげてください。

彼は、良かれと思い、未知の製品分野の判断をしたのでしょうから。

その点は、認めてあげてくださいね。

 

その後、ぜひ、彼にこういってあげてください。

「仕事の報告は、毎日のように方が、俺は嬉しい。

それに、お前の評価も上がるよ。

むしろ、お前ひとりで進められてしまう方が、俺も辛いことになるのでね。」

 

この一言で、彼の「思い込み」から来る親切心や不安が一変されます。

「え!?ホント!

今まで、なるべく相談せず、自分の力で仕事を進められる方が良いと思ってた。

それなら、じゃんじゃん報告しようかな…。」

心の中で、こうつぶやきます。

 

ポイントは、

○報告した方が、上司は喜ぶ。

○その方が、自分の評価も上がる。

○逆に、報告されない方が迷惑

この3点を、部下にはっきりとわからせること。

その方が良いと分かると、それがモチベーションとなり、

自分の行動を軌道修正します。

 

真面目で、意欲的な彼ですから。

間違いなく、あなたとの距離を縮め、

報連相の機会を自主的に増やしてくれますよ!

 

 

🔳🔳🔳

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【あなたは大丈夫?!】上司からのこんな指示は勘弁してほしい!・5選

f:id:sakuraikoki:20181208160502j:plain

部下が職場で日々敏感になっていること。

その1つは、ずばり「上司の指示」

上司の指示が的確かつ端的であればあるほど、部下は仕事しやすいものです。

逆に、それが酷いものだと、部下はどうしていいのか分からず、困惑してしまう。

仕事の能率が落ちるだけでなく、お互いの信頼関係もガタガタと崩れてしまうことでしょう。

 

そこで今回は

「上司からのこんな指示は勘弁してほしい!・5選」

をご紹介!

若手サラリーマンからの意見を踏まえて、レポートいたします。

 

上司のみなさん、ぜひ気を付けてくださいね。

 


⚪️⚪️⚪️⚪️⚪️

1 思いつき

「あ、そういえば、この件について調べておいてもらえる?」

「そうだ、急いで資料作ってくれ!」

上司の唐突な思いつきで課される指示。

部下は、適当な仕事の振られ方としているように感じ、とても嫌がります。

「ちゃんと考えてから指示出せよ…」

と心の中で憤慨しています。

嫌がられるだけならまだしも、状況を吟味した上での指示でない以上、せっかく部下が従っても、それが無駄な仕事にもなりかねません。

 

指示を出すときは、状況を熟慮することを忘れずに。

また、その仕事の必要性もきっちり示してあげましょう。

 

 

2 抽象的

「なんとかしておいて」

「上手く進めといて」

このような抽象的な指示も、部下にとってはNG。

上司の意図するものが、全く伝わりません。

もしかして、上司としては、部下が自分なりの考えで仕事を進めるよう、その力量を試しているのかもしれません。

しかし、指示である以上、部下は上司のやり方に合わせようとします。

それにも拘わらず、指示内容が曖昧で、一体何をしていいのか分からない。

頭の中は「?」マークだらけ。

指示を出された後に、一人デスクで呆然としてしまうことでしょう。

 

なお、「例の件」「あれについて」など、抽象的な指示語ワードを羅列されるのも好ましくありません。

部下は何のことなのか戸惑ってしまうことでしょう。

 

部下にやって欲しい仕事があるのなら、より具体的に指示を伝えてあげたいですね。

 

 

3 次々と追加してくる

上司の指示に従い、その仕事を終えた部下。

状況を報告したところ

「あ、次はこれやっといて」

という調子で、追加の指示を出される。

それも終え、再度報告に行くと

「そうそう、あのデータも整理しといて」

と更なる追加指示!

このように、なだれのように次々と追加で投げつけられる上司の指示。

部下は、心の底から嫌がります。

せっかく一仕事終えたと思ったところに、新たな負担を強いられるわけですからね。

がっかりすると同時に、怒りがふつふつと込み上げます。

「一体、いつになったら解放されるんだよ!!」

頭の中は爆発寸前。

これでは、部下は間違いなくやる気をなくします。

 

部下が仕事しやすいように配慮してあげることも、上司の大事な役割。

状況を包括的に把握し、的を絞って部下に指示を出すように心がけなければなりませんね。

 

 

4 部下の意見を無視

上司の指示に対して思うことがあり、意見を言う部下。

部下は、上司の意見に従うことを前提に、より良い成果をあげようとして、自分なりの考えを述べた次第です。

それにもかかわらず、

「いや、いいから俺の言った通りやってくれ」

と一蹴する上司!

こんな指示は、間違いなく部下は忌み嫌うことでしょう。

部下だって、立派な社員。

仕事に対して意見を言いたいし、また聞いてもらうことで一人前だと認めてもらいたいのです。

ところが、上司から頭ごなしに否定されてしまうと、邪険に扱われたように感じカチンときます。

さらに、自分は無能なんじゃないかと自信を失ってしまうでしょう。

これでは、部下は仕事に本気で向き合えるはずもありません。

 

部下の意見を尊重することも、立派な上司の務め。

どうしても自分の思うように従ってもらいたいと思う時でも、

「それも良いね」

と、一旦は素直に受け取ってあげましょう。

 

 

5 横文字を連発

「クライアントとのアライアンスにむけて、コンプライアンスには十分に意識して」

経理担当とコンセンサスをとってくれ」

「君のベストプラクティスを期待してるよ」

部下との会話に、「横文字」を連発する上司。

知的に見せようという意図がひしひしと伝わってきます。

ところが、

「何かっこつけてんだよ、こいつ。知ったかぶって」

その気取った感じに、部下はイラッと来ます。

それだけなら良いのですが、部下がその言葉を理解できず、指示の意味を履き違えてしまうことも考えられます。

あるいは、使っている上司自身も、正確な意味を把握していない場合も少なくない。

それでは、部下に対して的確なコマンドが伝わるはずもありません。

 

格好つけたい気持ちも重々わかりますが、大事なのは、部下に的確な指示を与えること。

そのためには、より平易で、より分かりやすい言葉選びを心がけましょう。

 

⚪️⚪️⚪️⚪️⚪️

 

いかがでしたか?

上司の指示は、部下の行動と思考に多大なる影響を与えるもの。

あなたの一言が、部下の仕事、いや、会社の業績を大きく左右するのです。

気をつけてくださいね!

 

 

🔳🔳🔳

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!

【できる上司は知っている】悪気は無いけどとても傷付く上司の言葉・3選

f:id:sakuraikoki:20181129163845j:plain

 

上司の言葉は、良くも悪くも、部下に対して大きな影響を与えます。

その影響度は、上司が想像する以上。

上司は部下の指導・教育役であり、また評価者でもあるので、当然の現象ですよね。

何気なく言った言葉が、部下を深く傷つけてしまうことも珍しくないのです。

場合によっては、メンタル的に追い込んでしまうことも…。

恐ろしいですよね。

 

では、具体的にどんなフレーズが、部下の心にダメージを与えてしまうのでしょうか?

そこで今回は、

「悪気は無いけどとても傷付く上司の言葉・3選」

をご紹介!

 

上司のみなさん、あなたは大丈夫ですか?

 

 

1 「なんで、こうしたいの?」

例えば、部下が仕事を進めるに当たり、上司に相談する場面を想像してみてください。

部下から、自分なりの仕事のやり方を説明しています。

そんな場面で、上司から頻繁に発せられるフレーズ、それは、

「なんで、こうしたいの?」

上司としては、部下の意図を純粋に知りたいだけなのでしょう。

しかし、受け取った部下は、

「このやり方ではダメだったのかな・・・?」

と責められているように感じてしまうようです。

上司に相談という緊張感漂うシチューションで、自分なりの提案をする。

しかも、経験と知識豊富な上司相手にです。

上手の相手から理由を聞かれると、まるで詰問され、論破されてしまうかのような感覚に陥ってしまうのです。

これでは、部下は萎縮してしまい、思っていた提案をできないどころか、相談後も気に病んでしまうことでしょう。

 

それを防ぐためには、まずは大げさに部下を承認してあげること。

意図を確認したくても、また、意見を言いたくても、まずは、

「それ、良いね!」

と明るくリアクションをしてあげましょう。

 

 

2 「あなたはもっとできるから」

上司が部下に対して、期待を込めて言う言葉。

「あなたはもっとできるから」

一見して、素敵な上司のプレゼントのように聞こえます。

ところが、部下には大きなプレッシャーがのしかかるようになる。

それどころか、

「今まで、手を抜いていたように見えるのかな…?」

と捉え、

自分なりに精一杯やっていた自覚のある部下であれば、なおさらです。

これでは、部下のモチベーションは右肩下がり。

精一杯やってきた自信がある部下に関しては、

「こんなに頑張ってるのにダメなのか。もう、どうでもいいや」

と、やる気をなくしてしまうでしょう。

 

期待をかける前に、まずは今までの部下の仕事ぶりを褒めてあげることが大事。

よって、まずは

「いつも、良くやってくれてるね」

と労いの声かけをしてあげましょう。

 

 

3 「いや、それよりもさ」

部下の意見を聞きながら、ついつい

「いや、それよりもさ」

と口を挟んでしまう上司。

上司としては、良いアドバイスを送ろうとしているのでしょう。

しかし、そんな口の挟まれ方をされた部下は、ギクッとします。

そして、

「私の意見は、間違っていたのかな…」

と不安になり、傷ついてしまう。

その後は自信を失い、とてもじゃありませんが自分の意見を言えなくなってしまうことでしょう。

これでは、部下の能力を押しつぶしてしてしまうも同然。

 

部下の意見を聞きながら意見を言いたくなる時もあるでしょう。

でも、その衝動をグッと我慢し、一旦最後まで部下の話を聞くことが大事。

その上で、

「その意見、良いね」

と承認し、

「思いついたんだけど、こんなやりかたはどう?」

と、部下の考えをベースにして意見を言うように心がけましょう。

 

いかがでしたか?

上司には全く悪気が無い言葉が、部下への刃となって突き刺さるケースがある。

その事実をしっかり意識するだけで、部下との関係性は、劇的に改善することでしょう。

ぜひ、意識してみてくださいね。

 

 

🔳🔳🔳

桜井洸希の仕事のお悩み相談室

「サラリーマンのための仕事のお悩み解決アドバイザー」

「職場の人間関係改善コンサルタント

である桜井洸希が、仕事・職場のお悩み事に関する相談や、

キャリアアップに関するカウンセリングをご提供します。

今なら、トライアルキャンペーン実施中!

詳しくは、こちらまで。お気軽にお問い合わせください!

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 

詳細は下記URLから!!