桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【あなたの職場は?】上司の発言から分かる「隠れブラック企業度」とは?

f:id:sakuraikoki:20190714010952j:plain

 

ブラック企業

という言葉が世間で定着して、久しい昨今。

働き方改革とも重なり、以前のような無謀な働き方をさせる企業も減少しつつあるようです。

深夜残業は禁止、有給休暇の消化を奨励など、それぞれ企業が対策を講じている状況。

育児に対する職場の理解も浸透し、働きやすい職場も増えています。

 

ところが、表面上は職場環境が改善されつつある現状であっても、人々に染みついた旧来の日本型労働環境の意識は、まだまだ根強いようです。

特に、若い頃に厳しい労働環境を経験してきた30~50代の上司世代にとっては、例え時代が変遷しようと拭いきれない拘り。

この意識が消え去れない限り、完全な職場改革は達成されず、いずれまたブラックな観光が復活しないとも限りません。

いわば「隠れブラック企業」とも捉えられる。

若手社員のみなさんは、上司の動向には気を付けた方が良いかもしれません。

 

そこで、今回は

「上司の発言から分かる『隠れブラック企業度』」

について、検証します。

 

あなたの上司は、いかがですか?

 

◆「まずは仕事優先だろ」

これは、比較的分かりやすいでしょう。

プライベートよりも、仕事を優先するように仕向ける上司。

もしあなたの上司がこのタイプなら、注意が必要です。

「まずは仕事優先」

これは、昭和~平成前半では、当たり前の概念でした。

家庭やプライベートを省みず苦労してきた世代にとっては、未だ人生の最優先事項に「仕事」が君臨しているのです。

よって、昨今の働き方改革は、素直には受け入れられないケースが多い。

例え組織単位で休暇取得を推奨していても、上司個人としては、心の奥底は快く思っていないのかもしれません。

そもそも、人は何のために働くのか?

様々な理由があると思いますが、根本には

「人生を豊かに幸せに過ごしたいという願望」

があるからでしょう。

豊かな人生のためには、休暇や家庭を充実させることも非常に重要。

仕事を理由にそれらを蔑ろにしては、人生の幸福度は激減してしまうはずです。

仕事、余暇、家庭、その他人生の構成。

社員それぞれが、これらの要素を並列に見る風土が当たり前にならない限り、いずれブラックな状況が再燃する可能性は否定できないでしょう。

 

◆「残業するなよ」

この言葉を連発する上司がいたら、要注意!

「え?早く帰れって言ってくれてるし、ホワイトな職場では?」

と思う人が多いことでしょう。

確かに、社員を早く帰らせようとする姿勢は、表面的には素晴らしい。

ただ、問題は、

「残業するなよ」

という発言自体に存在する。

何故なら、残業が発生する原因を「社員個人」に求めているからです。

残業が多く発生する原因は、根本的には組織の在り方に存在するはず。

偏った業務配分や人員配置になっていないか。

非効率な業務工程が存在しないか。

上司の思い付きで、無駄な仕事を部下に押付けていないか。

本当に残業を減らしたいのであれば、上記の要因など、組織的な視点で発生原因を検証すことが大事です。

ところが、そのような建設的な行動は起こさず、短絡的に、社員本人に原因を求めてしまう。

これでは、何も解決には至りません。

あなたも、残業せず早く帰れと上司から言われたときに、

「そんなこと言ったって、仕事が減ってないんだから、早く帰れないだろ!」

と憤りを感じたことはありませんか?

業務内容が見直されないまま、残業と残業代は減らされる。

結局は、仕事が終わらず、社内の未処理業務が積み重なる一方。

さらには、業績が下がり、会社の存続が危ぶまれていく…。

当然、早急な業績回復が必須命題となる。

すると、また以前のように、深夜残業をする社員が多数存在する光景が、当たり前のように繰り広げられる可能性があるのです。

(残業代がカットされた分、以前よりも「サービス残業」が増加する危険性もあります。)

 

組織的な業務改善を徹底し、残業の根本原因を解消すれば、わざわざ社員に対して

「残業するなよ」

という「命令」しなくても、必然的に残業は減るはずなのです。

  

◆「会社としては」

社内向け・社外向け問わず

「会社としては」

「我が社では」

を連発する上司。

この存在も、非常に危険な香りがします。

「会社員だし、当たり前の言葉使いじゃないの?」

とお思いのあなた。

要注意です。

これらのセリフが、もはや口癖となっている上司は、彼「個人」ではなく、「組織の一員」としての思考が非常に強い。

社員個々人よりも、会社組織を優先する姿勢が、無意識のうちに染みついているようです。

完全に個性が奪われつつあります。

その姿勢は、本人だけでなく、当然部下たちにも求められていくでしょう。

せっかく有能な若手が入社しても、すぐに組織風土に染まることが是とされる環境。

一人ひとりの個性が失われ、社内が新陳代謝されず、組織が成長しない。

働き方改革がスタートしても、発足時だけの改善にとどまり、すぐにまた身を粉にして働く人材だらけの環境になってしまう…。

まさに、「社畜」が再生産される空間。

会社に身を捧げる社員が勢揃いの「ブラックな」状況が復活するかもしれないのです。

-------------------

 

いかがでしたか?

あなたの上司は、当てはまらないですか?

もちろん、この発言で100%ブラックに判定される、というわけではありません。

ただ、深層部分では、ブラックの要素を兼ね備えている可能性があるわけです。

ぜひ一度、上司の何気ない発言、注目してみてください!

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

 

【出世頭がこっそり教える!】信頼される上司が意識している、部下への「たった一言のセリフ」とは?

f:id:sakuraikoki:20190706125007j:plain

 

上司と部下との信頼関係。

組織で仕事をする上では、絶対に欠かせない重要ポイントですね。

仕事の効率化や円滑化のために必要なのはもちろんのこと、職場の雰囲気も大きく左右します。

もしも、信頼関係にヒビが入っていると、職場はとても居心地の悪い空間になり、最悪、上司も部下もメンタルがやられてしまいます。

 

もちろん、多くの上司の方々は、部下との信頼関係の重要性について、頭では理解していることでしょう。

ところが、実際はそれが上手く築けず、悩んでいる人たちが少なくないようです。

 

原因は様々ですが、お互いにコミュニケーションに原因がある場合がほとんど。

そして、上司からの些細な一言の欠落により、両者の隔たりが生じてしまうケースが少なくないのです。

 

では、具体的には、どんな点に気を付ければ良いのでしょうか?

そこで今回は、

「信頼される上司が意識している、部下への『たった一言のセリフ』」

をご紹介!

 

日頃、部下との関係で頭を悩ませている上司のみなさん、必見です!

 

1 「ありがとう」

まずは、これ。

何を今更?と思う方もたくさんいらっしゃるでしょう。

でも、思い返してみてください。

普段、部下に対して、言ってあげていますでしょうか?

当たり前のようで、当たり前の様には言えてない言葉。

どうやら照れくささが邪魔して、セリフとして発せられない場合が少なくないようです。

さらには、

「部下は、上司の指示に従うのが当たり前」

と昔ながらの上から意識が、いつの間にか染みついてしまっているのかもしれませんね。

ただ、部下の立場からすれば、上司の指示に従って一生懸命仕事をこなしている。

それにもかかわらず、感謝の言葉がなければ、非常に残念な気持ちになることは容易に想像できます。

組織的な上司の指示であっても、部下の中には

「上司のために仕事をした」

という意識は、少なからず存在します。

だからこそ、部下の頑張りに対しては、一言、

「ありがとう」

と伝えてあげたいですね。

 

2 「あなたのおかげです」

これも、当たり前のようで、なかなか上司が口にしていない言葉。

組織の一員である上司の下には、部下がいるのは当たり前。

そして、チームの成果は、リーダーである上司の手腕にかかっている、という認識に起因するものでしょう。

確かに、その考え方も一理あります。

ただ、組織が成果を上げるためには、まずは、部下一人ひとりが主体的にパフォーマンスを発揮することが重要です。

仕事がうまく進展したとき、何らかのトラブルが解決したときなど、必ずプレイヤーとして部下の頑張りがあったからこそ実現したはず。

このポイントを無視して、チームリーダーとしての立場ばかりを考えていては、当然、部下の貢献意欲は下がる一方です。

例えどんなキャラクターの部下であったとしても、また、その配属を決めているのが人事部門だとしても、一人ひとりが役割を果たそうと必死になり、上司の下で働いてくれているという事実は曲げようがない。

この点にフォーカスを当てましょう。

すると、部下の存在がとても貴いものと感じられ、仕事が一区切りするたびに、違和感なく

「あなたのおかげです」

のという言葉を部下に伝えられるはず。

自分の存在意義を実感できた部下は、必ず、あなたのことを信頼してくれるでしょう。

 

3 「この失敗をどう活かそうか」

失敗を上司に報告するとき。

このときほど、部下が不安を感じる時間は、そうそうありません。

恐る恐る、自分の失敗を上司に告げる部下。

その部下の報告を聞いて、上司のあなたは、なんて声をかけますか?

「なんでこんなことしたんだ!」

「ちゃんと確認したのか!」

と、ついつい詰問してしまいがちではないでしょうか?

もちろん、失敗をした事実に対して、注意喚起をすることは重要です。

ただ、詰問する態度を見せる心理は、

「部下をせめて自分が楽になりたい」

という少し傲慢な意識の現れにすぎません。

責められた部下は、萎縮して何も言えなくなってしまいます。

これでは、部下は

「俺は何でこんなミスをしたんだ…」

と自分を責めてばかりで、次につなげようという建設的な思考が生まれにくくなります。

 

失敗してしまったことは、もう取り返せない。

それよりも、同じ失敗を繰り返させない、そしてこの経験を糧にさらなる成長を促すことの方が、はるかに大切なはずです。

この概念が、頭で分かっていても、その場の感情に流されてしまうのも仕方ない。

上司も人間ですから。

だからこそ、部下がミスしたときこそ

「彼のために、どう接してあげたら良いか」

を意識してみましょう。

責めるのではなく、今後につながる貴重な経験としてもらうために、

「この失敗をどう活かそうか」

この言葉をもらった部下は、少し救われた気持ちになるばかりでなく、上司に対して感謝の念を抱くようになる。

そして、自分の仕事を見つめ直し、改善に向けて思考を巡らせ、また一つ、成長することでしょう。

---------------------

 

いかがでしたか?

どれも、シンプルなメッセージですよね。

あなたが若手だった頃のことを思い出してみてください。

これらの言葉、当時の上司からかけてもらっていたら、嬉しくて上司のことをもっと好きになれませんでしたか?

 

意識ひとつで、すぐにでも実践可能。

ただ、想像以上に効果は絶大なのです。

部下から信頼を得たいのであれば、ぜひ、試してみてください!

 

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【意外なことに!】「若手は指示待ち」の偏見を止めれば、部下のモチベーションは急上昇?!

f:id:sakuraikoki:20190630130240j:plain

 

みなさんは、ここ数年の若手社員について、どんな見方をしていますか?

自ら積極的に仕事に取り組む意欲がない、いわゆる指示待ち人間、マニュアル人間が多いというイメージをお持ちじゃないでしょうか。

ゆとり世代、さとり世代と呼ばれる彼らは、大人たちから手取り足取り道筋を示されながら教育を受け、進路を選んできたと言われている。

確かに、受動的で指示待ちの若者が存在することは、疑いようもないでしょう。

 

ただ、若い世代に総じて当てはまるかと言ったら、そうでもありません。

むしろ、自主性・創造性に富んだ若手が多いことも、紛れもない事実。

「細かい指示をもらうより、いっそ全部任せてもらった方が、仕事がしやすい。」

「マニュアルに沿った仕事より、自分で作り上げる仕事がしたい。」

こんな前向きな発言をする若手も、珍しくないのです。

自主性あふれる若手社員に対して、細かい指示を与えすぎることは、厳禁!

仕事に窮屈さを感じるだけでなく、

「俺って、信頼されてないのかな…」

自信の喪失、上司に対する不信感を増長し、パフォーマンスを下げてしまうことにもなりかねません。

 

何故、「任せてもらいたがり」な若手が増えているのでしょう?

おそらく、原因の一つは、取得する情報量。

今の中堅層クラスの若い頃に比べ、彼らは子どもの頃から莫大な量の情報を受け取っています。

インターネットの活用、スマホの所有が常識的となり、SNSの活用も当たり前。

そこには、好奇心をくすぐる情報が湯水のように溢れ出ています。

職場以外で、コミュニティーを作り上げた。

社内ベンチャーを立ち上げた。

副業が本業の収入を超えた。

・・・など、刺激的な情報ばかり。

 

新卒で入った会社で、無難に定年まで勤め上げる。

そんな従来では常識とされていたサラリーマンの生き方とは、全く違った世界に属する人間たちの光景が、これでもかというほど散在しています。

それを子どもの頃から目の当たりにして、創造性や主体性を育んできた若手も多いのです。

その証拠に、ここ近年、若い世代が起業するケースが全然珍しくありません。

中には、高校生・大学生の頃から起業を試みている人たちもいる。

若いうちから自主性・創造性が造成されてきた結果と言えるでしょう。

 

上司のみなさん!

この傾向に乗じて、部下の思うとおり、仕事を任せてみませんか?

部下に頼ってみるのも、部下の力を引出す一つのテクニックです。

 

もちろん、完全なる放任主義はNG。

上司に求められる役割は、温かい目で見守ることと言えるでしょう。

 

定期的な報告を求めることはもちろん、

「順調に進んでる?」

「何か困ったことはない?」

この一言が、部下たちに安心感を与え、さらなるモチベーションの向上に繋がる。

結果、職場の生産性があがることは、間違いないはずです!

 

「指示したことをちゃんとやってくれない。」

「仕事に対する意欲が感じられない」

部下について、こんな悩みをお持ちの方。

もしかしたら、上司であるあなたの方が、部下に対する信頼が足りていないのかもしれません。

いっそ思い切って、細かい指示を止め、部下の自由に仕事を任せてみてはいかがでしょう?

水を得た魚のように、モチベーション全開で仕事に臨んでくれるかもしれませんよ!

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【あなたの職場は??】有能な若手が離れていく職場の特徴とは?5選

f:id:sakuraikoki:20190621001730j:plain

 

厚生労働省の発表によると、高卒者の39.3%、大卒者の31.8%が卒業後3年以内に離職しているそうです。

約3人に1人は3年以内に離職している計算。

「こらえ性がない」

「最近の若者は我儘だ」

など、本人に起因させることは簡単ですが、必ずしもそればかりではないはず。

中には、優れた能力を兼ね備え、なおかつ環境への適応力も十分な「有能な若手」にも拘わらず、職場を離れていくケースが少なくないようです。

 

例えば、パワハラが横行し、夜な夜な残業を強いられるブラック企業から離れていくことは、よく理解できます。

ところが、傍から見ると働きやすい環境にも拘わらず、本人的には納得がいかずに離職している。

彼等はたいてい、前職に失望しているケースが多いのだとか…。

人材不足の中、せっかく有能な若手を採用したのに、企業側にとっては非常にもったいない話です。

 

そこで今回は、

「有能な若手が離れていく職場の特徴とは?5選」

のご紹介。

 

あなたの職場は、大丈夫ですか?

 

 

1 前例踏襲大好き

有能でやる気溢れる若手は、チャレンジ精神が旺盛。

業務改善や新提案をしたくて、毎日うずうずしています。

ところが、上司や先輩たちからは、

「今まで通りで良いよ。」

「余計なこと考えないで、前例どおりで頼む」

とてもネガティブな反応。

前例踏襲が心身ともに染みついてしまっています。

もちろん、「チャレンジ」などという言葉は頭の片隅にも存在しない。

前例踏襲の方が、頭を使わず楽だし、失敗しても言い訳しやすいですからね。

気持ちは良く分かります。

 

ただ、このような環境では、有能な若手はやる気をなくして当然です。

「私は、この会社で何も成し遂げられずに終わってしまうのだろうか…」

先々への不安が先行し、気持ちがどんどん職場から離れてしまうのです。

 

2 仕事の成果より社内政治

有能な若手は、当然のことながら、仕事に対して積極的。

結果を出して高い評価を得ようと、意気揚々としています。

実際に、成果を出している。

ところが、上司から正当な評価を得ているかというと、そうでもないケースが多々あるようです。

仕事一生懸命な彼らよりも、

「上司の誘いを断らない社員」

「従順なイエスマン

社内政治の上手い、いわゆる「ごますり」社員の方が、高い評価を得ている。

希望の配属先が叶ったり、昇給・昇進が早かったりもする。

これでは、有能な若手は納得するはずもありません。

「こんな会社にいても、俺に未来は無い!」

と憤り、退職届を上司に突き付けてしまうのです。

 

3 「上司優先主義」の管理職

お客様のためを

「部長の了解を取ったのか?」

とにかく、「上の目」を気にする管理職。

1人や2人なら

「お客様第一主義」

の姿勢は、一切みられない。

 

こんな状況では、有能な若手は、仕事の意義が見出せません。

「一体、自分は何のために働いているのだろうか…」

と自問自答を繰り返すようになり、結局は職場を離れてしまうのです。

 

4 残業の多い人ほど評価される

本当に有能な人は、残業はほとんどしません。

仕事の飲み込みが早いことはもちろん、段取りも優れている。

最短距離でゴールに辿り着くため効率的にこなし、無駄な仕事はしない。

その上、決していい加減に仕事をなぎ倒しているわけではなく、きっちりと成果も出しています。

仕事も速いし、結果も出すし、無駄な残業代も発生させない。

会社にとってメリットだらけ!

これは評価されて当然!

と思いきや…。

現実は、「残業の多い人」の方が評価されている。

夜な夜な職場に残っているというだけで、

「あの人は、頑張っている」

「辛いのによく耐えているね」

同情されるためなのか、周りからの評判はうなぎ上り。

その上、上司からも高い信頼を得ている…。

こんな理不尽な状況、有能な若手が理解できるはずもありません。

仕事ができるが故に、評価されないやるせなさ。

強烈な矛盾を感じ、離職してしまうのです。

 

5 「隠れ」やりがい搾取

やりがい搾取とは、使用者側が労働者に「やりがい」を強く意識させ、その反面、労働力に見合った報酬を支払わない行為。

明らかに報酬が低いわけではないのですが、仕事をやってもやらなくても、大して給料に差が出ない制度の組織はまだまだ多いようです。

一方で、上司先輩は

「うちの仕事は、お金じゃ図れない価値がある」

と若手に仕事を押し付ける。

こんな「隠れ」やりがい搾取の環境も、若手の職場離れを促す大きな要因です。

公共性の高いサービスを行う組織では、特に発生しやすい状態です。

中には、官公庁や教員など、公務員の世界でも繰り広げられているのだとか

いくら積極的に仕事を頑張っても、高い給料を得られない。

やってもやらなくても、結局は報酬が一緒。

これでは、有能な若手のモチベーションが上がるはずもありません。

年功序列の撤廃が進みつつある昨今。

それでも、まだまだ年次の上の人たちの方が高い報酬を得ている職場がほとんどです。

中には、ほとんど仕事をしていないのに、若手よりはるかに高い給料をもらっているベテラン社員も存在する…。

こんな状況、当然、有能な若手が憤らないはずもなく。

「もっと俺は、高い報酬が得たい!」

「私はもっと評価されたって良いはず!」

と、心も体も職場から離れていくのです。

 ----------------------

 

いかがでしたか?

一見「ホワイト」であっても、有能な若手が次々と離れ、高い離職率を改善できない会社は少なくないようです。

もしも、

「うちの会社は、何で若手が定着しないんだろうか…?」

と疑問をお持ちの方。

一度、職場の現状を振返ってみてはいかがでしょうか。

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【若手社員が率直に答えた】「こんな新人教育係は嫌だ!」5選

f:id:sakuraikoki:20190614142722j:plain

 

新入社員にとって、上司や先輩からの教えは、今後の社会人人生を大きく左右します。

特に

「教育係」

に任命された先輩の存在は、彼らにとって非常に重要です。

右も左も分からない状況の新人は、教育係の先輩は最も頼りにしたい存在。

必然的に接する時間も長いので、大きな影響を受けます。

 

頼りにされる一方、影響力が大きい分、教育係は嫌われる存在にもなりやすい。

パワハラや、異常な厳しさを見せつける先輩は、もちろん嫌だと思います。

最近は、これらのコンプライアンス違反が問題視されがちなので、十分に気を付けている方も多いでしょう。

しかし!

いくら法令順守を意識していたとしても、新人から嫌われてしまうパターンもあり得るのです。

それは、具体的にどんな状況なのでしょうか…?

 

そこで今回は、

「こんな新人教育係は嫌だ!」5選

をご紹介。

 

入社1~3年目の若手社員の意見も踏まえて、レポートいたします。

教育係に任命された方、特に必見です!

 

 

1 やたらと自分のやり方を押し付けてくる

自分の仕事の仕方が絶対だと思い、とにかく押し付けてくる先輩。

間違いなく、嫌われます。

少しでも新人が、自分の考えと異なるやり方をしようものなら、

「そうじゃない、こうやるんだ!」

「なんで俺の言ったとおりにやらないんだ?」

と問い詰めがちです。

仕事に慣れない新人社員でも、業務改善を思いつくことは多々あります。

むしろ、旧来のやり方に染まっていない分、ブレイクスルーを生み出しやすい状況にあるのが、新入社員の強みです。

その強みを抑え付ける姿勢は、教育係としては絶対にNGなわけですね。

 

2 話が長い

「それは~~、ただ~~、でも~~・・・」

アドバイスをひとつ求めただけにもかかわらず、延々と話が終わらない。

3分、5分と話が続き、後輩はもはやうんざり。

何を言いたいのか分からず、結局、実のあるアドバイスは全く伝わりません。

それどころか、

「また長い話を聞かされるのかな…」

と嫌悪感を抱き、新入社員はアドバイスをもらいに行くことすら躊躇するようになります。

 

伝える方は、「明確かつ簡潔」が基本。

特にアドバイスは、聞き手の後輩のことも十分に気を遣ってあげたいですね。

 

3 返事が「否定語」から始まる

新人が何かをいうたびに、

「いや」

「そうじゃなくて」

返事の一言目は、必ずと言っていいほど「否定語」。

新人は、質問や意見を言うたびに嫌な思いにさせられてしまう。

この連続では、いずれ教育係と会話をしたくなくなります。

会話で否定語を連発する人は、どうやら癖になっているようですね。

悪気がなかったとしても、無意識に否定語を発していないか、一度自分でチェックしてみましょう。

 

4 ところどころで自慢話が入る

教育係に話しかけるたびに、

「俺のときはもっと大変だったぞ!」

「このシステムを提案したのは、私なんだよ」

ところどころ自慢話が介在される。

新入社員からすれば、質問に答えてもらえたら十分なのに…。

「それはすごいですね!」

「見倣います!」

忖度して、自慢話にリアクションしなきゃならない。

これは、非常に面倒で仕方ありません。

 

この自慢話、「教えたい」という気持ちが発言を助長させているようです。

「俺くらい頑張ってくれよ!」

という激励が、自慢と言う形に変わっているだけ。

聞かされる身としては、逆効果の場合が多いのですけどね…。

 

否定語と同様、癖になってしまっている方は、ぜひ気を付けてください。

 

5 間違ったことを教えても、ごまかそうとする

教育係から受けたアドバイスが、どうやら間違っていた模様。

意を決して、新人の方から進言してみたところ…

「え、俺そんなこと言ったっけ?」

「この状況だと、私みたいな解釈もできると思うんだどな。」

と間違いを認めようとしない。

それどころか、酷いパターンだと

「だって、○○さんの質問が悪いから、俺が勘違いしちゃったんじゃないか。」

新人のせいにしてくる。

先輩の姿勢としては、最悪ですね。

さらに、このような誤魔化しの姿勢は、無意識のうちに新人にうつってしまいかねない。

「間違えても、誤魔化せば良いんだ」

と新人に意識付いてしまっては、元の子もありません。

 

人間ですから、失敗や勘違いは誰でも有ります。

教育係である以上、間違いは潔く認め、一言謝罪する勇気を見せて欲しいところ。

その姿勢は、新人にも必ず好影響を与えるでしょう。

 -----------------------

 

いかがでしたか?

教育係の皆さん、ぜひ一度あなた自身の普段の姿勢を振返ってみてください。

そして、一つでも心当たりのある方!

新入社員のためにも、ご自身のスキルアップのためにも、この機会に改善を試みましょう!

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

 

【新人社員必見!】上司の指示に対する上手なリアクション方法とは?

f:id:sakuraikoki:20190607003006j:plain

 

新人社員のみなさん!

社会人になって、早2か月が経過しましたね。

仕事には、もう慣れたころでしょうか?

 

新人社員は通常、上司とコミュニケーションをとりながら業務を進めることでしょう。

その一環で、日々直面するのは、

「上司からの指示」

当然、部下としては、指示を受けて何か返事をしなければなりません。

ところが、案外、その指示に対するリアクションに苦労している人も少なくないようです。

何気なく返事をしているつもりが、ときに上司を不安にさせたり、あるいは怒らせてしまったりもする。

「あなた、本当に分かってますか?!」

と、何故か上司から憤慨したような態度を取られる。

部下としては、

「え?!何度怒ってるの??」

と戸惑ってしまうことでしょう。

 

これでは、お互いの信頼関係に傷がつき、仕事に支障が生じてしまう事態にもなりかねません。

 

さて、それでは上司の指示に対するリアクションについて、具体的にどのようなポイントに気を付けたら良いのでしょうか?

 

⚪️言葉選びは、さほど重要じゃない?!

「返事の言葉選びが大事」

巷では、こんな意見をよく耳にします。

例えば、

「なるほどですね。」

「さすがですね。」

というリアクションは、上から目線に感じられNGというセオリー。

確かに、理屈としては正しいと思います。

しかしながら、人間同士のコミュニケーションは

「話し方の教科書」

だけで上手く行くものではない。

職場と言うオフィシャルな場であっても、コミュニケーションは感情のやりとりが重要なカギを握ります。

 

上司が一番求めるのは、自分の指示が、部下に対して明確に伝わったことによる「安心感」です。

よって、部下はまず、自信の理解度を伝えるようなリアクションをする必要があるのです。

それ以外の反応では、上司は不安を感じ、怪訝そうな表情を浮かべてしまう可能性があります。

 

もちろん、「上から目線」と論じられる表現は、極力使わないに越したことはありません。

また、タメ口を聞く、あるいは「ヤバいっすね」と若者言葉の返事は言語道断。

 

⚪️具体的には、どんなリアクションをとるべき?

先述のとおり、上司は指示出しの場面で、確実に部下へと指示が伝わったという安心感を求めています。

よって、上司として一番イラッとしたり、あるいは不安を感じたりするのは

「部下が自分の話を理解していないのではないか」

と邪推してしまうとき。

部下としては、上司にこんな余計な邪推させない配慮が必要です

 

以上を踏まえ、指示に対する上手なリアクションのための要件とは?

答えは、極シンプル。

リアクションの際、部下自身の理解度を示してあげることです。

 

ただ、ここでは注意が必要。

「はい!」

「分かりました!」

とストレートな返事をすれば良いかというと、そうでもありません。

中身のない「Yes」の反応では、空返事にしか聞こえず

「こいつ、本当に分かっているのかな…?」

と逆に不安感を助長しかねません。

 

では、どうすれば良いか?

一言でも良いので

「要するに、〜〜ということですね。」

と指示内容の一部について、確認を求めることが効果的。

もしくは、

「〜〜の点について分からなかったので、もう一度ご説明いただけませんか?」

と質問を投げかけてみるのも良いでしょう。

いずれにしても、これらのリアクションにより、上司は「自分の指示が伝わった」と確信が持てます。

最も欲しかった安心感が得られるのです。

 

ただ、重要なポイントは、返答の中で指示内容について多少なりとも触れること。

よって、上司の話をしっかりと理解していないと、この手のリアクションは不可能です。

あまりにも的外れな確認依頼や質問をしては、

「こいつ、全然聞いてないな」

と不信感が募るのみ。

よって、ほとんど内容を理解できなかったときは、知ったかぶりをしないこと!

恥ずかしがらず

「すみません、もう一度ご説明いただけないでしょうか…?」

と(申し訳なさそうに!)リピートをお願いしましょう。

指示が部下に伝わっていなかったことがはっきりして、上司も次の行動がとれます。

また、上司にとっても、自信の伝え方の課題点に気付くチャンスでもあります(謙虚な上司の場合ですが)。

 

上司とのコミュニケーションの円滑化は、部下が気持ちよく仕事を行う上での最重要課題といっても過言ではありません。

だからこそ、上司への返事ひとつも疎かにしないこと!

指示を受ける際も気を抜かず、

「どうしたら上司の気持ちや期待に応えられるのか」

を常に意識してみましょう!

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

 

【上司の方へぜひ伝えたい!】ヒステリーを起こす部下への「最良の」対処方法とは?

f:id:sakuraikoki:20190602230144j:plain

 

部下との接し方は、上司としての資質が強く問われます。

部下全員が素直で一生懸命な人材ばかりであれば、苦労することは無いでしょう。

もちろん、現実は異なります。

あなたの職場にも、扱いづらい部下と噂されるが、多々存在することでしょう。

最も面倒だと言っても過言でないタイプは、

「ヒステリー部下」

普段はおとなしく仕事をしていると思いきや、何かのきっかけにより、突然感情を乱す。

そして、思いっきり激高を始める。

何がスイッチで「ブチ切れる」のか、全く分かりません。

そんな豹変した部下を目の当たりにして、戸惑ってしまう上司も少なくありません。

メンタルを病む人たちが年々増加している昨今、このヒステリー部下も増加傾向にあるようですね。

 

ただ、組織に属する上司は、大抵の場合、部下を選べません。

ヒステリー部下であっても、何とかうまく対応していかなければならないのが現実です。

 

そこで今回は、

ヒステリーを起こす部下への対処方法

をお送りしたいと思います。

 

特に、上司としてまだ経験の浅い方々には、ぜひご覧いただきたい内容です。

この先、様々なタイプの部下を持ち、きっと苦労するはずですから…。

 

 

🔳 絶対するべきではない対応

 ⚪️「まずは落ち着いて」と諭す

ヒートアップした部下に対して、ついつい上司が言いがちな言葉

「まずは落ち着いて」

「冷静になって話そう」

紳士的な対応ではありますが、この場面ではNG対応です。

感情をコントロールしようとしてはダメ。

ますますヒートアップするばかりです。

 

なぜ、ヒートアップしているのか?

それは、自分の気持ちを分かってもらいたくて必死だから。

相手に主張する手段として、無意識のうちに、感情を爆発させているのです。

(もちろん、相手からすれば、激高されたら伝わるものも伝わりませんが…)

 

だから、「冷静になって」となだめるのは、相手の手段を封じてしまう行為。

ゴルフをこれからやろうとしている人から、ゴルフクラブを取り上げてしまうようなものなのです。

誰だって、怒りますよね?

 

よって、無理に落ち着きを促そうとしないこと。

思う存分、感情を爆発させてあげましょう。

たまった鬱憤を外に出し切れば、ケロっと落ち着きを取り戻すことも少なくないのです。

 

⚪️解決手段を提示して説得しようとする

「これからは、・・・するよ」

「・・・には気を付けるようにするので、大丈夫だから」

このように、解決手段を示してその場を収めようとする上司は、かなり多いかと思います。

一見、誠実な対応に思えますよね。

ところが、ヒステリー部下に対しては、あまり得策だとは言えません。

 

感情が粗ぶった部下には、解決策を提示したところで、耳には入りません。

理屈は通用しないのです。

大事なのは、感情。

それにもかかわらず、理屈を前面に押し出されと、感情を置き去りにされたような感覚に陥ります。

すると、その辛い気持ちを分かってもらいたくて、ますますヒートアップしてしまうでしょう。

 

さらには、何とか言い包めようとする意図が伝わってしまうこともある。

これでは、ますます機嫌を損ねてしまう可能性が高いわけです。

 

「せっかく、改善しようと思っているのに」

何とかしてあげたいという姿勢も、上司としての優しさだと思います。

ただ、ヒステリー部下の前では、一旦、解決手段を提示したい気持ちはグッとこらえること。

理屈を捨て、感情にのみ着目することが重要なのです。

 

⚪️自分の正当性を主張する

「私だって、あなたに気を遣っているんだよ!」

「・・・してあげたじゃないか!」

上司として、しっかりと役割を果たしてきた。

それだけは、部下本人にも分かってもらいたい。

このように、自分の正当性を主張する行為。

当然、これが一番ダメなパターンです。

 

コミュニケーションの場面ですから、上司が正当性を主張することは、決してまちがいではありません。

ただ、残念ながら、通常のコミュニケーションが通用しない場面。

上司が

「分かってくれ」

と懇願しても、全くの無駄。

それどころか、反論されているようにしか聞こえません。

当然、部下はますますヒートアップして、手が付けられないくらいに荒れ狂ってしまうかもしれません。

 

まさに、「火に油を注ぐ」とはこのこと。

 

もちろん、上司としても部下に分かってもらいたい気持ちは、とても良く分かります。

何もおかしなことではない。

ただ、ここはケースバイケースと割り切り、正当性を主張したい気持ちをグッとこらえましょう。

不本意化もしれませんが…。

 

 

🔳 ヒステリー部下への最適な対応方法

 では、どうすれば良いのでしょうか?

 

ありきたりですが、ひたすら

「共感する」

これに尽きます。

そして、これが「最良の」対処方法と言えます。

 

先述のとおり、ヒステリー部下が激高する一番の目的は、自分の気持ちを分かってもらうことです。

よって、

「そうだよね。」

「辛かったよね。」

と、ひたすら気持ちに寄添いましょう。

(子どもをあやすような感じに見えなくもありませんが…)

 

もし、上司自身への不満がヒステリーの原因だとしたら、

「共感」+「謝罪」

です。

「それは嫌な思いさせてしまったね。申し訳なかった。」

こんな感じです。

(「謝罪」は、表面的で構いません。腹の中では「何言ってんの?」と憤っても、我慢)

 

そんなのムカついて仕方ないじゃないかって?

「あの人の人生は、私とは無関係だ」

と割り切りましょう。

それでもイライラが収まらなければ、お酒でも飲んで、ほどほどに憂さ晴らし。

忘れてしまいましょう。

 

毎日のように続いて耐えられない!となった場合には、まずは上司に相談。

それでもダメなら、弁護士への相談も考えましょう。

「逆パワハラ」という言葉もあるように、部下からの圧力も立派なパワハラ行為。

あなたも、守られる権利があるのです。

 

 

🔲🔲🔲🔲🔲

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!