桜井洸希

エッセイスト桜井洸希 サラリーマンの仕事の悩みを一瞬で解決する情報の宝庫

エッセイスト桜井洸希が、サラリーマンの会社員生活に劇的な変化をもたらす情報を提供しています。心理学的な視点も駆使して、画期的な職場の人間関係の改善策、仕事上の悩みの解決策をご提案いたします!!

【超簡単!】「ムカッ!」っときて、つい暴言を吐きそうなときの対処法

f:id:sakuraikoki:20180425193335j:plain

 

上司や同僚から、メッチャ気に障ることを言われて

「ムカッ!!」

そして、ついつい暴言を吐いてしまった・・・。

という経験。

きっと、誰にでもありますよね?

 

例えば、一生懸命仕事したにもかかわらず、上司から

「あなたって、ホント、使えないわね~!」

って嫌味ったらしく言われたら、いかがでしょう??

そりゃ、大声出したくもなりますよ。

人間ですから。

 

ただ、この事象から生じる真理。

それは、

「暴言を吐いても、プラスはゼロ。マイナスは未知数。」

ということ。

相手が上司だろうが、同僚だろうが、家族だろうが、友達だろうが。

暴言を吐いた途端に、周囲のあなたへの印象は急激に悪化します。

要するに、大声出しても、ろくなことにはならないのです。

 

「そんなこと言ったって、ムカッときたら、つい・・・。」

そんなあなたに、朗報!

超簡単で、効果抜群な対処法をご紹介!!

 

それは、カチンとくる一言を言われたとき、瞬時に

「胸に手を当てる」

これ、ホント不思議なんですが、本当に怒りが収まります。

沸騰したお湯に、ドライアイスを入れたように、頭も心も瞬間冷却。

喉まで出かかっていた暴言が、スッと腹の中に消えていきます。

 

「そんな単純な!?」

とお思いのあなた。

ぜひ一度、お試しあれ。

間違いなく、効果を実感することでしょう。

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【改めて考えたい】「毎月決まって給料がもらえる」ことの有り難さ

f:id:sakuraikoki:20180424183154j:plain

 

こんにちは、桜井です。

唐突ですが、サラリーマンのあなた。

毎月、決まった日に給料が指定口座に振り込まれていることかと思います。

(よっぽどのことが無い限りは)

 

会社のために毎日一生懸命働いているし、給料をもらうのは権利だ!

もちろん、その通りだと思います。

 

ただ、経営者側に立ってみると、いかがでしょうか。

経営者は、当然、会社が利益を出せなければ、報酬はありません。

サラリーマンのように、お金をもらえることが当たり前ではないのです。

 

しかも、雇っている社員には、当然のように毎月給料、

さらにはボーナスも支払わなければならない。

ボーナスはともかく

「今月は赤字なので、給料は支払えません。」

などと社員に言おうものなら、間違いなく社員の皆さんは激怒するでしょう。

 

社員を雇うこと。

実は、これだけで経営者側はリスクを負うことになります。

毎月、必ず支払わなければならない人件費という「固定費」が発生する。

 

例えば、あなたが家賃8万円のマンションから

10万円のマンションへ引っ越ししたとしましょう。

築年数、立地、広さなどの条件が向上し、大きな高揚を得られるでしょう。

 

しかし一方で、

引っ越しする前より、毎月2万円多く家賃という

「固定費」を支払わなければならなくなる。

何もしなくても。

もし、この差額2万円が支払えなくなってしまったら、

あなたは最悪、退去しなければならなくなります。

そうです。

この差額2万円があなたの生活環境を大きく左右するリスクとなるわけです。

 

会社のような大きな規模に置き換えると、

この例えとは比べ物にならないハイリスクです。

社員を雇うことで、

事業が拡大できるという大きなメリットが得られるかもしれない。

その反面、人件費という固定費が確実に増える。

少なくとも新たに発生した固定費以上に、

会社に利益が出ないと、赤字がどんどん膨らむことになる。

その結果、待っているものは・・・。

 

こんな大きなリスクを日々背負っているのが、経営者です。

頭が下がりますよね。

 

「仕事がキツい割には給料が安い!」

そんなご不満も、もちろんあるでしょう。

ただ、なぜ毎月決まった日に給料がもらえることが

「当たり前」になっているのか。

その背景には、経営者の方が身を粉にして

「大きなリスク」を背負ってくれているという事実があるのです。

 

毎月、決まった日に給料がもらえるという

当たり前のような出来事。

その有り難みを、ちょっと立ち止まって感じてみること。

一見単純にみえるその行動だけで、

サラリーマンという身分の価値の尊さを再認識できるでしょう。
 
 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【即効!】他人の目を気にしなくなった瞬間、人は革命的に強くなる!

f:id:sakuraikoki:20180423225257j:plain

 

「命もいらず 名もいらず
官位も金もいらぬ人は 
仕末に困るもの也
此の仕末に困る人ならでは、
艱難を共にして
国家の大業は成し得られぬなり」

 
幕末に活躍した、かの有名な西郷隆盛の言葉です。
命も名誉も官位もお金も投げ捨てた「仕末に困るもの」は、名誉や金で釣ることはできず、相手にとってはお手上げの存在。
そんな人間でなければ、国家のために大業を成し遂げることができない、と説いています。
 
例え、身の危険が生じても構わない。
他人から与えられる名誉、官位、お金は一切必要ないのだと覚悟しない限りは、
本当に自分が望む「使命」に生きることはできないということでしょう。
逆を言えば、人の行動は、他人から与えられる名誉や官位、お金に左右されやすいということ。
それらが欲しいがために、他人から認められることを目的とした生き方をしてしまう。
例え、それが本来の自分が望むものではなかったとしても・・・。
 
自分の行動は、まぎれもなく自分自身で決めています。
その行動を制限する要素は、多々あります。
物理的な危険を避ける、人を傷つけないようにする、お金を損しないようにする。
等々、いろいろありますが、その中でも最上位にランクインするもの。
何といっても、
「他人の目を気にする」こと
 
E890BDE381A1E8BEBCE38280E4BABA.jpg
 
「定職に就いていないと、世間体が悪いから、」
「こんなド派手な格好したら、友人に笑われる。」
「毎日のように定時帰りしたら、同僚から冷ややかな目で見られる。」
「こんな幼稚な遊びしたら、周りから馬鹿にされるかな。」
このような、皮算用とも言える想像が頭を駆け巡る。
そして、行動を躊躇してしまう。
あなたにも、間違いなくこんな経験が何度もあると思います。
せっかくのチャンスも、他人の目を気にするあまり、みすみす逃してしまっていることも中にはあるでしょう。
 
これって、もったいなく無いですか?
 
あえてここは、「他人の目を気にする」気持ちを、捨ててみてはいかがでしょう。
そうすれば、他人から何を言われても、傷つくことは無い。
他人からどんなに蔑まれた評価をされても、全く気にしない。
こんな域まで到達できれば、怖いものなしです。
少なくとも、他人の目を理由にして、自分の行動をストップしてしまうことは無い。
 
そうです。
人の目のせいにしていた、躊躇。
それは紛れもなく、あなた自身が自ら判断し、選択したものなのですね!
 
image628-1920x1200.jpg
 
たった一度の人生です。
ここは思い切って、他人から与えられる官位も名誉も手放してみるって選択肢、
ぜひ視野に入れてみませんか?
革命的に精神力が強くなるはずです!
 
みんな、こうすべきだ!とは決して言いません。
ただ、日常で何となく息苦しさを感じていた方がいらっしゃったら、他人の目よりも自分の心を大事にしてみてください。
自分の使命に目覚め、何か大きなことを成し遂げられるかもしれませんよ!
 
 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【ちょっとした工夫で劇的変化!】「会議」の場所って、重要です!

f:id:sakuraikoki:20180422141104j:plain

 

唐突ですが、あなたの会社では、

会議はどんな場所で行われていますか?

 

会議の場所って、実は重要。

どんな空間・環境で行われるかによって、

会議の進み具合は大きく異なってきます。

 

ここでの大事なキーワードは、

「緊張感」

参加者それぞれが緊張している状態で会議に臨んでしまうと、

その場の空気が重々しいものになる。

(スピリチュアル的な表現で言うと「気の巡りが悪くなる」)。

結果、参加者のイライラが充満し、声や発言内容が荒くなって、

会議が紛糾してしまいます。

 

逆に、参加者それぞれがニュートラルで穏やかな精神状態で会議に臨めば、

会議の空気感はライトなものになる。

参加者の気分が軽いため笑顔も見え、

その上頭も柔らかくなりフレキシブルな発言も目立つ。

スムーズかつクリエイティブな会議になる傾向が非常に強いです。

 

よって、いかに緊張感のない空間にできるかどうかが、

その会議の充実具合を大きく左右することになる。

それを環境によってプロデュースすることが重要なわけです。

 

さて、それでは緊張感のない会議空間とは、どのようなものでしょうか?

具体的には、下記の要素が代表的です。

◯天井が高い

◯広い空間

◯窓がある(空が広く見えるとなお良い)

◯適度にざわつきがある(その部屋に、会議メンバー以外の人がたくさんいる)
 
pop_H3F_1.jpg
 
大事なことは、開放感

広々として、外の明るい景色が見える空間では、人の緊張感は和らぎます。

さらに、適度にざわつきがあると、発言にも緊張感が無くなる。

シーンとした状況では、発言することそのものに抵抗感を感じませんか?

それは、自分の声だけが皆にジーッと聞かれてしまう状況だから。

ちょっとした雑音があると、抵抗感も薄れるわけです。

 

逆に、こんな環境下で会議をすると、間違いなく異様な緊張感が張りつめます。
⚫️天井が低い
⚫️狭い空間
⚫️窓が1つもなく、外の景色が全く見えない
⚫️シーンとしている(その部屋では、その会議しか行われていない。)
 
9a21118174995d27840ae15f6b07f0c0_s.jpg
 
圧迫感、閉塞感が漂う空間では、参加者は無意識に身構えてしまいます。

ピリピリムードが充満し、会議も炎上しかねません・・・。

 

もちろん、空調も大事。

暑過ぎると、参加者のイライラが募り、会議は紛糾します。

快適空間だと、空気はなごみますが、居心地がいいため、

延々と会議が長引いてしまう可能性も。

さっさと穏便に済ませたい会議なら、

少し寒いくらいに温度設定しておくことが良いかもしれませんね。

 

ちなみに、本当なら、

美味しい食事とアルコールを片手に緊張感0にしたいところです。

最高にフレキシブルでクリエイティブな内容が実現可能でしょう。

もちろん、会社ではそんなわけにはいきませんよね。
 
YOTA86_purezenok15135259_TP_V.jpg
 
ですので、大事な会議、是が非でも上手くいかせたい会議は、

できる限り良い環境を選びましょう。

極力、広い会議室。

極力、窓が大きい会議室。

出来ることなら、癒し系のBGMも流してみる。

そんなちょっとした工夫だけで、

会議の結果は、全く違ったものになりますよ!
 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【意外や意外!】「大人の事情」って、限りなく「幼稚な事情」

f:id:sakuraikoki:20180421150813j:plain

 

会社のような組織で働いていると、

人それぞれ仕事の中で様々な疑問が生じるでしょう。

 

さて、そんな素朴な疑問を上司や先輩に質問してみましょう。

それなりの答えを返してくれることが多いのですが、

内容によっては、こう切り返されます。

「それは、『大人の事情』だから」

この一言で一蹴され、これ以上の質問ができず、

「まぁ、いいか。」

と自分の中でとりあえず納得しようとする・・・。

 

あなたにも、こんな経験、少なからずあるんじゃないでしょうか?

 

「大人の事情」と言われる原因は、いくつか考えられます。

◯大っぴらにできない、できれば隠しておきたい背景がある

◯理由は特にないけど、過去からの慣習になっている。

◯上司や先輩自身も、理由を知らない

 

事情、と大げさに言ってはいるものの、結局はネガティブな要素でしかないのです。

 

だとしたら、新人や若い社員にとっては、

初めてその事情と対面した時は、「?」と疑問が浮かぶのも当然。

その理由を追求してみたいという探究心が浮かぶことは、

とても良い姿勢だと思います。

 

しかし、肝心の上の世代が、その探究心を潰してしまう。

素朴な質問は、組織内でタブーにされる・・・。

 

果たして、これが「大人の対応」と言えるのでしょうか?

 

「大人の事情」

で済ませるという行為。

実はこれ、つまるところは、

上の世代が原因追求やその改善に向けて考えることをやめ、

その固定観念を下の世代にも押し付けているということに他ならないのです。

 

頭を使わない。使わせない。

探究心を持たない。持たせない。

 

その視点から言えば、「大人の事情」で済まそうとすることは、

とても幼稚な行為です。

 

それよりも、子どものように、

「大人の事情って、何?」

って、とことん質問を繰り返した方が、よっぽど「大人らしい対応」。

 

物事には、全てについて原因があります。

仕事をしていて、

「何それ?おかしい?」

という疑問が生じたら、その原因を、とことん探求すること。

そして、たどり着いた時に、初めて「改善」のきっかけが掴めるはずです。

 

だから、若手の皆さん!

ぜひ、「大人の事情」で済まそうとする先輩たちを、

どんどん質問で困らせてあげてください!

 

それからが、本当の仕事が始まります。
 


 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【あるあるネタ】上司の陰口で盛り上がっていたら、何と本人に聞かれてた!!こんなときは・・・?

f:id:sakuraikoki:20180420190625j:plain

 

居酒屋で上司の陰口を言い合っていると・・・。

何と、本人がすぐ隣の卓に座っていた!

休憩室で先輩の噂話をしていたら、こともあろうに突然本人が部屋に入ってきた!

 

こんな気まずい経験、あなたにもありませんか?
 
本人の顔を見た途端、頭が真っ白になり、冷や汗ダラダラ。

「やばい、どうしよう・・・」

心の中は動揺しまくりでしょう。

 

こんなことにならないためにも!

陰口を言うことを止めましょう!!

 

・・・というのは、至極正論なのですが、

どうしても言いたくなる時もありますよね。

なので、陰口言いたくて我慢できなくなった、

あるいは陰口でその場が盛り上がってしまったときには、

いざという時の対処法を持っておきましょう!

「もしも本人に聞かれてしまったときの身の交わし方」

をしっかりと頭の中に叩き込んでおくことが大事です。
 

それは、ずばり!
「しらを切ること」

これに尽きます。

 

例えば、飲み会の場で、隣の卓にいる課長の存在に気付かず、

その陰口で盛り上がっていた。

そして突然、

「おい、お前ら!何話してるんだ!!」

とその課長から怒鳴りつけられたとしたら・・・。

 

素知らぬ顔で、

「あ、お疲れ様です!課長、いらっしゃったんですね!」

そのくらいで切替しちゃいましょう。

例え

「俺の悪口言ってただろ!」

と問い詰められても、臆することなく

「え?課長の話ではないですよ。営業部の◯◯課長のことですけど・・・。」

とさらなる切替しです。

そこまで言えば、本人も、

「いや!今、俺のことを話していたはずだ!!」

などと追及できません。

上司としてのプライドが働き、部下から小心者だとは思われたくありませんので

(よっぽど変な人だと、話は別ですが・・・)
 

逆に、下手に動揺して言い訳などしたら、それまでです。

それでは、陰口を言っていたこと認めたのと同じこと。

その後、本人とあなたとの関係性は最悪です。
 
「平常心」

どんなときでも大事なこのスタンス。

そのためにも、常に最悪の事態を想定して、

その対処法を念頭に置いておくことです。

決して陰口をお勧めするわけではありませんが、

(もちろん、言わないに超したことはありません)

上司の陰口で盛り上がりたいときは、

「もしも」の事態とその乗り切り方についても、

しっかり心得ておいてくださいね。
 

 

 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!

【若手社員必見!】できる社員は、上司から御馳走になるときの姿勢が違う!

f:id:sakuraikoki:20180419230239j:plain

 

上司から可愛がられること。

組織で生き残るためには、最重要事項といえるでしょう。

その点、社内を見渡すと、上司からニコニコと話しかけてもらえる

「できる社員」

と、冷たい態度で接せられる

「つぶれた社員」

がはっきりと分かれています。

 

上司とざっくばらんに話せてスムーズに仕事を進めるできる社員の一方で、

上司との間に冷たい空気が流れ仕事の相談もできないつぶれた社員。

「俺、あいつと違って、何で課長から嫌われるんだ…?」

答えが分からず、嘆かわしい毎日です。

 

何故か?

もちろん、原因はいくつか考えられます。

ただ、意外なことに、実は

「上司から御馳走になるとき」

にも大きなポイントがあります。

 

若手社員のあなた!

上司から可愛がられる、できる社員になりたいですよね。

両者は新人の頃から、上司と食事にいくときに、どんな違いがあるのでしょう?

今回は、

「上司から御馳走になるときの姿勢」

の違いについてご紹介です!

 

 

◯「できる社員」は、一旦財布を出して、割り勘を主張する。

上司と食事に行くと、奢ってもらえることが多いでしょう。

このとき、一旦財布を出して、割り勘を主張しましょう。

財布を両手に

「申し訳ないです!私も払います。」

という調子で。

この姿勢で、あなたは上司から可愛がられる「できる社員」になれます。

 

部下を食事に誘ったときは、

上司が全額支払う場合が少なくないでしょう。

ですが、上司も人間です。

多大なる感謝を、部下からもらいたいものなのです。

そのためには、部下は、「とりあえず」割り勘を主張することが大事。

「奢ってもらうことは、特別なこと」

と認識していることをアピールするのです。

御馳走されることの有難さや大きな感謝を態度で示すことで、

上司から好かれる「できる社員」になれるのです。

 

 

◯一方、「つぶれた社員」は、すんなりとお言葉に甘える。

「今日は私が支払うよ」

上司の言葉に、何のためらいもなくYes。

すんなりとお言葉に甘えてしまう。

そんな姿勢では、上司から冷遇される「つぶれた社員」になってしまいます。

 

上司と食事に行ったら、奢ってもらえるのが当然!

お礼は言うけど、払う気なんて初めからサラサラなかったという態度。

実はこれ、上司はカチンと来るのです。

 

例え笑顔でも、腹の底では

「お前、せっかく奢ってやるのに、なんだその態度は!」

もう二度と奢りたくないし、その後の態度も無意識のうちに冷たくなります。

気を付けないと、上司から冷遇される嫌われ者の

「つぶれた社員」になりかねないのです。

 

 

いかがでしたか?

上司から御馳走になるときは、一旦財布をだし、割り勘を主張する。

上司はとても嬉しく思い、あなたを可愛がってくれます!

 

ぜひ、やってみてください!



 

---------------------------

☆新刊のご案内

認定!社畜度テスト: 会社に飼いならされた30のタイプ
あなたの「社畜度」をズバリ判定します!!       

f:id:sakuraikoki:20180223234323j:plain

------------------------------

電子書籍のご案内!

 『仕事の悩みをスッと消し去る33のテクニック』総合出版すばる舎

 職場のストレスで悩むサラリーマンの皆様にお届けしたい内容が満載です!!

 詳細は下記URLから!!